大神神社結婚式プラン

結婚式衣装・着付け・ヘアメイク・写真集
全カットの写真データ・全てがプラン料金内
大神神社結婚式プランのキキフォトワークスのバナー
大神神社の結婚式の写真

大神神社拝殿前

愛する気持ちを残したい
 神前式トータルサポート 
キキフォトワークス
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

1日1組でサポート致します。自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい!そんな思いで皆様をサポートしています。

大神神社の結婚式の写真

大神神社祈祷殿前

大神神社の神前結婚式プラン案内

 
大神神社で挙げる神前式。
寺院での仏前式。
その結婚式全般について。
 
 
 
事前の準備について。
新郎新婦がする準備や手配。
神前式や服装について。
今後も記事が増えます。
 

神社で神前結婚式の綿帽子の新郎新婦の写真
 
新郎新婦和装衣装・和装用小物
着付け・ヘアセット・メイク
挙式中のスナップ写真
挙式前後に二人のロケーション撮影
集合写真・ポーズ写真
写真集・全カットの写真データ
スタッフによるアテンドやご案内
全て含まれてるシンプルな挙式プラン
わかりやすいように3つにしました。
  
   
衣装はホームページで見られます。
正式な予約前でも試着できます。
打ち合わせの時にも試着できます。
衣装選びも挙式準備の魅力の1つです。
 

神社で結婚式の新郎新婦
 
日本全国のエリアに出張いたします。
カメラマンと美容スタッフ
合計人数での出張費です。
最低でも3名で出張します。 
 
神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
写真は全カットのデータ付き
データはコピーできます。
 
写真についての想いを綴りました。
ただ写っているだけではない写真。
子供にも孫にも見せたくなる家族の絆。
挙式中は儀式として厳格に。
他の時はアットホームに。
そんな思いで撮影しています。
  
神社の結婚式の新郎新婦
 
実際のお客様の写真です。 
全て結婚式当日の撮影です。
挙式中の撮影をします。
挙式前後にスナップも撮ります。
少人数なら集合写真も撮影します。
二人のポーズ写真も撮影します。
全てプラン料金に含まれています。
 
 
どんな人が来るのか、わかると安心。
カメラマンのプロフィール。
スタッフの紹介。
キキフォトワークスの事。
会社概要、所在地、連絡先。
 
神社で結婚式の親族集合写真
 
いろんな要望にお応えできます。
両家親族、参列の皆様のお支度。
会食や食事会、披露宴での衣裳利用。
まずは、ここをご覧ください。
不明な点は解消されると思います。 
 
神社で神前結婚式の白無垢綿帽子での新郎新婦の写真
 
先輩カップルから結婚式のアドバイス。
結婚式当日の注意点や準備のこと。
参考になる話が沢山あります。
 
神社挙式プランの特徴は、神社の神前式や寺院での仏前式での結婚式に必要なスナップ写真、衣装、小物、着付け、ヘアメイクが1つになったウエディングプランです。プラン料金で全て準備する事ができます。費用もプラン内容も全てホームページで確認する事ができます。事前に全ての金額を把握しおきたい方に、おすすめのプランです。また、遠方で直接打ち合わせができない方にも、おすすめです。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
●神社や寺院で挙式を挙げる方。
●式をするための最低限の準備でいい。
●神前式の流れを詳しく知っておきたい。
●神前式の意味を知ってから挙式したい。
●アットホームな結婚式にしたい。
●大切な記念日を作り上げたい。
●海外挙式をしたので国内は神社で。
●どんなカメラマンか事前に知りたい。
 
日本人の伝統ある結婚の儀式。紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼和装衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい!そんな、こだわりの思いで皆様をサポートしています。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

大神神社の結婚式当日の詳細案内

 大神神社には控え室とお支度部屋に当たる美粧室がありますが、式の2時間前から利用できます。と言ってもお支度に2時間使える訳ではありません。最初の準備に30分かかります。そこからお支度開始です。
 
また、式の30分前には神職の方からの説明があります。2時間のうち前後の30分がそれで消えますので実際に着付けヘアメイクに使えるのは1時間だけとなります。また、式が終わった後も使える時間が限られています。
 
そのため、キキフォトワークスでは大神神社近くの別の場所でお支度をお願いしています。そこであれば部屋の利用時間に制限はありませんので、着付けとヘアメイクに時間をかけて丁寧なお支度ができます。
 
お支度場所から大神神社までは、新郎新婦さんの二人は、こちらの車に乗って移動できます。神社に着けば控え室に入っていただきます。式前の撮影、プレセッションをお申し込みされた場合、先に二人の写真撮影を済ませてから控え室に入っていただきます。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

式の30分前になると神職の方が来られて、挙式中の簡単な流れや作法を説明してくださいます。ただ、全てを暗記する必要はありません。式中は進行役の方から、その都度、お二人や参列者の皆さんに案内がありますので、大まかな流れを事前に知っておくだけと思えば大丈夫です。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

 大神神社の控え室は16年の7月の時点では二箇所あります。大礼記念館と参集殿です。参集殿は祈祷殿の横にあります。下の写真は祈祷殿です。その左に結婚式をする儀式殿があります。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

参集殿は祈祷殿の右側にありますので、控え室が参集殿になった場合、儀式殿への参進は、下の写真のように祈祷殿の廊下を進む感じで進みます。なので参進で歩く距離は短いですし、全て屋根の下を進みますので雨の日でも傘は不要です。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

控え室が大礼記念館になった場合、参進で歩く距離は長くなります。また、屋外を進みますので雨の日は傘が必要です。また、控え室が参集殿になるのか大礼記念館になるのかは大神神社が決められます。どちらになるのか決まった時点で連絡が入ります。下の写真の後ろに写ってる大きな建物が大礼記念館です。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

大礼記念館の前で手水を済ませると、祈祷殿の前の広場を通って、屋外から儀式殿の中に入ります。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

儀式殿の中は冷暖房完備なので真冬でも真夏でも快適に挙式を挙げる事ができます。儀式殿には両家で40名くらいの参列者の方が着席する事ができます。そして挙式が終われば拝殿までの親族集合写真となります。ここから後の事は神社からキキフォトワークスへと引き継がれます。
 
時間があれば、真面目なきっちりとした集合写真の後にラフな感じでの集合写真も撮れます。兄弟だけとか、家族だけとか、それぞれの親族だけでとか、友達と一緒にとか。式が終わったので、ホッとして楽しんでもらえる時間となります。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

集合写真が終われば二人の写真撮影に入ります。きちんとしたポーズ写真を撮り終えたら、大神神社の境内のいろんな場所で楽しみながらの撮影タイムとなります。衣装1着につき約1時間、もし白無垢と色打掛けを希望された場合は2時間近くかけて沢山の写真を撮ります。

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

二人の写真はプレセッションを申し込まれた場合、式の前に撮影を済ます事ができます。式の後に披露宴や食事会の予定があって時間がない場合、写真撮影を先に済ませておけば、集合写真を撮り終えたら皆さんと一緒のタイミングで神社を出発できます。
 
これは2017年8月時点での内容です。最新の状況は直接、大神神社にお問い合わせください。
大神神社ホームページ

大神神社の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

大神神社について

大神神社
おおみわじんじゃ
oomiwajinja
 
奈良盆地の南部、桜井市三輪に位置する神社です。大神神社と書いて『おおみわじんじゃ』と読みます。三輪明神と言ったり三輪大明神とか三輪神社、三輪大社と呼ぶ人もいますが、地元では親しみを込めて『みわさん』と呼ばれています。古い時代では大神大物主神社と呼ばれていました。境内は国の史跡に指定されています。
 
大和国一宮、二十二社(中七社)で、伊勢神宮の始まり、元伊勢とされる摂社の檜原神社が境内にあります。神道の始まりの神社ともされ、皇室からの尊厳も篤く、崇神天皇の時代には大和の地のみならず、国造りの神様、国家の守護神として篤く祀られました。境内には崇神天皇を祀る天皇社があります。境内には他にも多くの摂社、末社があります。
 
そして、大神神社は古墳時代以前からある日本最古の神社とされています。創建された時代は不明です。時代がわからないくらいに古く、また、非常に強い力、日本最強のパワースポットとしても有名です。そのため、奈良県や関西だけでなく全国から結婚式のために大神神社に来られる人が多いのが特徴です。
 
大神神社の境内にいくつかの社殿がありますが、本殿がなく拝殿や祈祷殿、そして結婚式が行われる儀式殿があります。それらの奥にある三輪山がご神体とされているためです。
 
神社の社殿が成立する以前の原初の神祀りの様子を現代でも受け継がれ、その祭祀の姿ゆえにに日本最古の神社と呼ばれています。その、ご神体である三輪山には入山して山頂まで登拝する事ができます。大神様により近づける良い体験になりますが敬虔な心で入山してください。
 
拝殿の奥には明神鳥居の3つを1つに組み合わせた特異な形式の三ツ鳥居があります。拝殿の奥は神職の方でも入る事ができない禁足地となっており、拝殿と禁足地との結界として三ツ鳥居が建てられています。その拝殿と三ツ鳥居は国の重要文化財に指定されています。
  
大神神社の祭神、神様は蛇神であると考えらている大物主大神 です。そのため蛇の好物である卵を奉納する人が多いです。大物主大神は水神と雷神の性格を持ち合わせ、また、稲作、酒造りの神としても信仰を集めています。
 
大神神社に着くと、まず目に飛び込んでくるのが大鳥居です。少しわかりにくいですが大鳥居の近くには昔の参道だった所に一の鳥居があります。大鳥居を進むと二の鳥居があり、そこから先が拝殿へと進む上り坂となります。最後の階段の上に縄鳥居があり、そこを抜けると拝殿に着きます。
 
通常の参拝はこのルートで進みます。結婚式の場合も参集殿まで同じ道を登ります。もし参列者の中で車椅子の人がいても、この坂道や階段ではなく車で儀式殿前までいくルートがあるのでご安心ください。
 
大神神社
式内社(名神大社)、大和国一宮、二十二社(中七社)
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社
 
主祭神

大物主大神 (おおものぬしのおおかみ)

配神

大己貴神 (おおなむちのかみ)
少彦名神 (すくなひこなのかみ)


主な摂社・末社


高宮社• 狭井神社• 活日神社• 磐座神社• 市杵島神社• 大直禰子神社(若宮社)• 檜原神社•神御前神社• 神坐日向神社• 綱越神社• 玉列神社• 率川神社• 率川阿波神社• 久延彦社 • 大行事社 • 成願稲荷神社• 天皇社 • 神宝社、他多数あり


重要文化財(国指定)


• 摂社大直禰子神社社殿
• 拝殿
• 三ツ鳥居
• 朱漆金銅装楯
• 周書 巻第十九

 
祭事・神事・行事が非常に多いです。
詳しくは大神神社HPで確認ください。


大神神社
所在地:奈良県桜井市三輪1422
TEL:0744-42-6633
 
交通アクセス
• 鉄道
• JR西日本万葉まほろば線(桜井線) 三輪駅下車 (拝殿まで徒歩約10分) - 列車本数は年末年始を除いて1時間2本程度。
• バス
• 桜井駅(JR・近鉄)北口バス乗り場から、二の鳥居前まで運行(土日祝の昼間時のみ・年末年始及び毎月1日を除く)

 
駐車場あり
① 大鳥居北駐車場 徒歩約15分  約100台
② 大鳥居南駐車場 徒歩約15分  約50台
③ 一の鳥居駐車場 徒歩約10分  約150台
④ ニの鳥居駐車場 徒歩約1分  約20台

挙式プランTOP | 大神神社結婚式

 LINEではお得情報発信中!
 
友だち追加   
神社で結婚式のLINE@

 
婚礼写真家mywedのバナー
.
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
.
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
 
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

大神神社の結婚式

神前結婚式でレンタル衣装・着付け・ヘアーメイク・スナップ写真
記念写真のデータ付きのセット