豊国神社結婚式プラン

結婚式衣装・着付け・ヘアメイク・写真集
全カットの写真データ・全てがプラン料金内
豊国神社で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー
神社の結婚式の新郎新婦
愛する気持ちを残したい
 神前式トータルサポート 
キキフォトワークス
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

1日1組でサポート致します。自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい!そんな思いで皆様をサポートしています。

神社で神前結婚式の綿帽子の新郎新婦の写真
 

豊国神社の神前結婚式プラン案内

 
豊国神社で挙げる神前式。
寺院での仏前式。
その結婚式全般について。
 
 
 
事前の準備について。
新郎新婦がする準備や手配。
神前式や服装について。
今後も記事が増えます。
 

神社で神前結婚式の綿帽子の新郎新婦の写真
 
新郎新婦和装衣装・和装用小物
着付け・ヘアセット・メイク
挙式中のスナップ写真
挙式前後に二人のロケーション撮影
集合写真・ポーズ写真
写真集・全カットの写真データ
スタッフによるアテンドやご案内
全て含まれてるシンプルな挙式プラン
わかりやすいように3つにしました。
  
   
衣装はホームページで見られます。
正式な予約前でも試着できます。
打ち合わせの時にも試着できます。
衣装選びも挙式準備の魅力の1つです。
 

神社で結婚式の新郎新婦
 
日本全国のエリアに出張いたします。
カメラマンと美容スタッフ
合計人数での出張費です。
最低でも3名で出張します。 
 
神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
写真は全カットのデータ付き
データはコピーできます。
 
写真についての想いを綴りました。
ただ写っているだけではない写真。
子供にも孫にも見せたくなる家族の絆。
挙式中は儀式として厳格に。
他の時はアットホームに。
そんな思いで撮影しています。
  
神社の結婚式の新郎新婦
 
実際のお客様の写真です。 
全て結婚式当日の撮影です。
挙式中の撮影をします。
挙式前後にスナップも撮ります。
少人数なら集合写真も撮影します。
二人のポーズ写真も撮影します。
全てプラン料金に含まれています。
 
 
どんな人が来るのか、わかると安心。
カメラマンのプロフィール。
スタッフの紹介。
キキフォトワークスの事。
会社概要、所在地、連絡先。
 
神社で結婚式の親族集合写真
 
いろんな要望にお応えできます。
両家親族、参列の皆様のお支度。
会食や食事会、披露宴での衣裳利用。
まずは、ここをご覧ください。
不明な点は解消されると思います。 
 
神社で神前結婚式の白無垢綿帽子での新郎新婦の写真
 
先輩カップルから結婚式のアドバイス。
結婚式当日の注意点や準備のこと。
参考になる話が沢山あります。
 
神社挙式プランの特徴は、神社の神前式や寺院での仏前式での結婚式に必要なスナップ写真、衣装、小物、着付け、ヘアメイクが1つになったウエディングプランです。プラン料金で全て準備する事ができます。費用もプラン内容も全てホームページで確認する事ができます。事前に全ての金額を把握しおきたい方に、おすすめのプランです。また、遠方で直接打ち合わせができない方にも、おすすめです。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
●神社や寺院で挙式を挙げる方。
●式をするための最低限の準備でいい。
●神前式の流れを詳しく知っておきたい。
●神前式の意味を知ってから挙式したい。
●アットホームな結婚式にしたい。
●大切な記念日を作り上げたい。
●海外挙式をしたので国内は神社で。
●どんなカメラマンか事前に知りたい。
 
日本人の伝統ある結婚の儀式。紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼和装衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい!そんな、こだわりの思いで皆様をサポートしています。

豊国神社について

豊国神社
とよくにじんじゃ
toyokunijinja
 
京都市東山に鎮座する神社です。場所的には京都市の五条通りのすぐ南に鎮座します。でも、豊国神社は同じ名前で京都以外にも大阪城公園内や滋賀県長浜市、そして名古屋市中村区にも鎮座します。どの豊国神社も太閤殿下、豊臣秀吉を祀っていますが、全国的に名が知られているのは京都、東山五条の豊国神社です。
 
慶長3年に亡くなった豊臣秀吉の遺体はしばらくは伏見城内に安置されていました。その後、伏見城から東山大仏(方広寺)の東方の阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、その麓に高野山の木食応其によって廟所が建立されたのが豊国神社の始まりです。秀吉の死は長らく伏せられていたことから大仏の鎮守社とされていました。
 
最初は秀吉が自身を新八幡として祀るように遺言していたため新八幡社と呼ばれていましたが、朝廷から秀吉に豊国乃大明神の神号が与えられた事をきっかけに豊国神社の名前が命名されました。
 
なお、豊国神社は豊臣秀頼の希望により大坂城内にも分祀されましたが、秀頼自身は本社創建には参列せず、慶長16年の二条城訪問の折に最初で最後となる参拝を行っています。大明神号とされたのは、八幡神は皇祖神であるから、皇族ではない秀吉には天皇から勅許が下りなかったとする説。そして、吉田神道による結果とする説とがあります。なお、豊国社の遷宮は吉田神道の吉田家によって主宰されていました。
 
豊臣家滅亡の後、徳川家康の時代になると、家康の意向で後水尾天皇の勅許を得て豊国大明神の神号は剥奪され、幕府によって神社自体も廃絶されました。神でなくなった秀吉には仏教の戒名がつけられ、秀吉の霊は大仏殿裏手南東に建てられた五輪石塔に遷されました。
 
その後、江戸時代を通じて再興される事はありませんでした。幕府の歴史が終わり明治時代に入ると明治天皇の勅命によって社殿が再建、豊国神社も再興されました。
 
唐門は国宝に指定されており重厚な佇まいが圧巻です。境内の宝物館には秀吉の遺品を納めた重要文化財にも指定されている唐櫃も展示されています。毎年、9月18日は例祭で、旧暦の8月18日が祭神・豊臣秀吉の命日に当たります。そして翌日の9月19日には茶道・藪内流家元による献茶式が催されています。
 
豊国神社で結婚式をされる場合、遠方からの参列者の人は前日から京都市内に宿泊されるケースが多いです。でも、京都市内のホテルや旅館などの宿泊施設の予約は取りにくいです。挙式日が決まったら、すぐに宿泊の予約を取らないと京都市内は全て満室なんて事は珍しくありません。京都市内で宿泊される場合、早い目にご予約ください。
 
豊国神社
 
祭神・豊臣秀吉(豊国大明神)
 
国宝

唐門
南禅寺塔頭金地院にあったものを豊国神社再建にあたって金地院から移築。以心崇伝が江戸幕府から二条城の唐門を譲り受けたもので、その前は伏見城にあったとの2つの説がある。

重要文化財
紙本著色豊国祭図 六曲屏風一双 狩野内膳筆
黄地菊桐文付紗綾胴服
桐唐草蒔絵唐櫃・桐鳳凰蒔絵唐櫃・桐薄蒔絵唐櫃
鉄燈篭 辻与次郎作
薙刀直シ刀 無銘 伝粟田口吉光(骨喰)


豊国神社
所在地: 京都府京都市東山区茶屋町530
電話: 075-561-3802
 
交通アクセス
京阪電車 七条下車 徒歩約10分 
市バス 博物館三十三間堂前下車 徒歩約5分
駐車場ありバス2台分 無料
自家用車15台分 無料

挙式プランTOP | 豊国神社結婚式

 LINEではお得情報発信中!
 
友だち追加   
神社で結婚式のLINE@

 
婚礼写真家mywedのバナー
.
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
.
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
 
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

豊国神社の結婚式

神前結婚式でレンタル衣装・着付け・ヘアーメイク・スナップ写真
記念写真のデータ付きのセット