二見興玉神社結婚式プラン

二見興玉神社で結婚式の衣装・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・写真集・データ・全てがセットのプラン
二見興玉神社で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー
神社の結婚式の新郎新婦
シンプルでアットホームな結婚式
撮影・衣装・着付け・ヘアメイク・写真集・データ
キキフォトワークス
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

二見興玉神社

神前結婚式プランのご案内
神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
神社で挙げる神前式、寺院での仏前式。
必要な物が全て揃います。
 
 

 
神社から説明が無い話も。
事前に知っておくと安心。
 
 

 
式後にいただいた嬉しいお便り。
喜んでいただけるのが何よりの幸せ。
キキフォトワークスの宝物です。
 
 

神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
衣装・小物・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・集合写真・ポーズ写真
全て含まれる3つのプラン
 
 

 
遠方の場合は、メールのみでの打ち合わ
せでも大丈夫です。衣装も衣装ページで
見て選んでもらうだけでも大丈夫です。
 
 

神社で神前結婚式のカツラの新郎新婦の写真
 
日本全国に出張しました。
最低、カメラマンと美容スタッフで3人。
スタッフの合計人数での出張費です。
 
 

神社で神前結婚式の洋髪髪型の新郎新婦の写真
 
 撮影についての想いを綴りました。
宝物になる写真を残します。
未来に繋がる写真を残します。
 
 

結婚式カメラマンのプロフィール紹介
 
神様に失礼が無いように。
厳粛な式をより思い出深いものに。
神道と神社について研修済み。
 
 

神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
実際のお客様の結婚式の写真です。 
 
 

 
挙式プランのよくある質問です。 
 
 

神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
記録ビデオも撮ります。
挙式だけ撮影でも大丈夫です。
 
 

 
オープニングやプロフィールムービー。
エンドロールなども作成しています。
  
 

神社で結婚式の白無垢綿の花嫁新婦リングピロー
 
先輩カップルから結婚式のアドバイス。
役立つ内容が沢山があります。 
 
 

シンプルでアットホームな結婚式

 
神社挙式プランの特徴は、神社の神前式や寺院での仏前式での結婚式に必要なスナップ写真、ポーズ写真、男女和装衣装、衣装の小物、着付け、ヘアメイクが1つになったプランです。プラン料金で全て準備する事ができます。費用もプラン内容も衣装もホームページで確認する事ができます。事前に全ての金額を把握できるので、遠方で直接打ち合わせができない場合でも安心です。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼和装衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい。そんな思いで皆様をサポートしています。

挙式プランTOP | 二見興玉神社結婚式

 LINEではお得情報発信中!
 
友だち追加   
神社で結婚式のLINE@

婚礼写真家mywedのバナー
 
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
 
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

二見興玉神社の結婚式

二見興玉神社結婚式でレンタル衣装・着付け・ヘアーメイク
スナップ写真・記念写真のデータ付きのセット

二見興玉神社とは

二見興玉神社
ふたみおきたまじんじゃ
futamiokitamajinja

二見興玉神社は三重県伊勢市二見町江に鎮座する神社で、旧社格は村社。現在は神社本庁の別表神社です。境内の磯合にある夫婦岩で全国的に有名です。もともとは別の神社だった2社、猿田彦大神を祀る興玉社と宇迦御魂大神を合祀して今の社名となりました。
 
猿田彦大神と宇迦御魂大神を祭神とし、縁結び、夫婦円満、交通安全などにご利益のある神社です。境内には、猿田彦大神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる)が数多く奉納されています。

興玉社は、夫婦岩に注連縄を張って興玉神石の遙拝所を設けたのが始まりとされています。その後、奈良時代の僧、行基が興玉神の本地垂迹(神仏習合思想の一つ)として江寺を創建したのに伴い境内に興玉社を建造し鎮守社とした後、今の二見浦へと遷座されました。

三宮神社は、もともとは今の境内の天の岩屋の中に祀られており、文禄年間に岩屋の外に移されました。その後、興玉社本殿に合祀されます。古い参詣記には三狐神社とも記されています。

7月14日の例祭は「二見大祭」(しめなわ曳き)と呼ばれ注連縄奉納が行われています。5月5日、9月5日と12月中・下旬のいずれかの土・日曜日には夫婦岩の大注連縄の張り替え神事が行われます。夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とされています。
 
男岩は高さ9メートル、女岩は高さ4メートル、夫婦岩を結ぶ大注連縄(おおしめなわ)は1本の長さ35メートルで男岩に16メートル、女岩に10mメートル張られており、その間は9メートルあります。5~7月の期間は夫婦岩の間から日の出が見られます。夏至前後では遠くは富士山の後ろから昇る日の出を見ることができ、多くのカメラマンや参拝者で賑わっています。秋から冬は夫婦岩の間から満月を見ることができます。

5月21日には興玉神石付近に生える霊草の無垢塩草を刈り取る藻刈神事が行われます。古くから伊勢神宮参拝の前に、また、祭典に奉仕する前には清き渚と称される二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがありました。現代ではそれに代わるものとして、二見興玉神社で霊草無垢塩草での祓い清めを受けます。これに使う幣は、興玉神石付近で採れる海草です。現在でもまずは二見興玉神社に参拝してお祓いを受けてから伊勢神宮へ向かう参拝者も多いです。

御祭神

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)
綿津見大神(わたつみのおおかみ)竜宮社


二見興玉神社
所在地:三重県伊勢市二見町江575
電話: 0596-43-2020
 
交通アクセス

電車

JR参宮線「二見浦駅」から徒歩約5分
JR、近鉄伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から鳥羽行きバス約20分、夫婦岩東口バス停下車徒歩5分


伊勢自動車道「伊勢IC」から約10分
伊勢・二見・鳥羽ライン「二見JCT」から約3分

境内に駐車場はありません。
近くに夫婦岩無料駐車場が三箇所あります。