城南宮結婚式プラン

城南宮で結婚式の衣装・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・写真集・データ・全てがセットのプラン
城南宮で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー
神社の結婚式の新郎新婦
シンプルでアットホームな結婚式
撮影・衣装・着付け・ヘアメイク・写真集・データ
キキフォトワークス
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

城南宮

神前結婚式プランのご案内
神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
神社で挙げる神前式、寺院での仏前式。
必要な物が全て揃います。
 
 

 
神社から説明が無い話も。
事前に知っておくと安心。
 
 

 
式後にいただいた嬉しいお便り。
喜んでいただけるのが何よりの幸せ。
キキフォトワークスの宝物です。
 
 

神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
衣装・小物・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・集合写真・ポーズ写真
全て含まれる3つのプラン
 
 

 
遠方の場合は、メールのみでの打ち合わ
せでも大丈夫です。衣装も衣装ページで
見て選んでもらうだけでも大丈夫です。
 
 

神社で神前結婚式のカツラの新郎新婦の写真
 
日本全国に出張しました。
最低、カメラマンと美容スタッフで3人。
スタッフの合計人数での出張費です。
 
 

神社で神前結婚式の洋髪髪型の新郎新婦の写真
 
 撮影についての想いを綴りました。
宝物になる写真を残します。
未来に繋がる写真を残します。
 
 

結婚式カメラマンのプロフィール紹介
 
神様に失礼が無いように。
厳粛な式をより思い出深いものに。
神道と神社について研修済み。
 
 

神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
実際のお客様の結婚式の写真です。 
 
 

 
挙式プランのよくある質問です。 
 
 

神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
記録ビデオも撮ります。
挙式だけ撮影でも大丈夫です。
 
 

 
オープニングやプロフィールムービー。
エンドロールなども作成しています。
  
 

神社で結婚式の白無垢綿の花嫁新婦リングピロー
 
先輩カップルから結婚式のアドバイス。
役立つ内容が沢山があります。 
 
 

シンプルでアットホームな結婚式

 
神社挙式プランの特徴は、神社の神前式や寺院での仏前式での結婚式に必要なスナップ写真、ポーズ写真、男女和装衣装、衣装の小物、着付け、ヘアメイクが1つになったプランです。プラン料金で全て準備する事ができます。費用もプラン内容も衣装もホームページで確認する事ができます。事前に全ての金額を把握できるので、遠方で直接打ち合わせができない場合でも安心です。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼和装衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい。そんな思いで皆様をサポートしています。

挙式プランTOP | 城南宮結婚式

 LINEではお得情報発信中!
 
友だち追加   
神社で結婚式のLINE@

婚礼写真家mywedのバナー
 
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
 
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

城南宮の結婚式

城南宮結婚式でレンタル衣装・着付け・ヘアーメイク
スナップ写真・記念写真のデータ付きのセット

城南宮について

城南宮
じょうなんぐう
jonangu

城南宮は京都市伏見区中島鳥羽離宮町に鎮座し、式内社、旧社格は府社。方除の大社として知られている神社です。創建の年代は不明ですが、神功皇后による三韓征伐の際、船上に立てられた旗に神功皇后・八千戈神(大国主神)の神霊を添えて奉斎されたのが始まると伝えられています。

平安遷都の際に都の安泰と国の守護を願い国常立尊を八千矛神と息長帯日売尊に合わせ併祀され、城(平安京)の南にあることから城南神と呼ばれ流ようになりました。平安時代後期になると白河上皇や鳥羽上皇が鳥羽離宮(城南離宮)を造営してからはその一部となり、院政の拠点、政治・文化の中心地ととなり祭礼も大いに賑わいました。そして城南宮は離宮の鎮守として一層崇められるようになります。

代々の天皇や上皇の熊野詣が盛んに行われていた時、精進所や方違の宿所にも充てられ方位の災厄から無事であるようにと、旅の安全が祈願されました。また、京都御所の裏鬼門を守る神となったことから貴族の方違の宿所となり、方除けや厄除けの神としても信仰されるようになります。現代になっても全国から建物の工事や引越、通勤通学、そして旅行に伴う方除の祈願に多くの方が参拝に訪れています。

明治維新の鳥羽伏見の戦は、城南宮の参道に置かれた薩摩藩の大砲が放たれたことで戦が始まりました。官軍が錦の御旗を翻って旧幕府軍に勝利すると薩摩藩の軍勢は城南宮の御加護で勝利を得られたとし御礼参りに城南宮を訪れました。

近年では方位の災厄けから転じて交通安全の神様としても信仰され、毎年7月には珍しい自動車の茅の輪くぐりが行われています。また神社の家紋でもある神紋ですが、神社に縁深い神木などの植物、祭器具などを表したもの。そして、伝説や伝承などに基づくものが多いですが、城南宮の神紋は太陽と月と星を組み合わせた「三光の御神紋」と呼ばれるもので、非常に珍しい神紋です。

神社境内に広がる中根金作による神苑楽水苑は、春の山、平安の庭、室町の庭、桃山の庭、城南離宮の庭と見どころが実に多く、草花を賞でる多くの人で四季を通じて賑わっています。特に春と秋の年2回行われる曲水の宴は、王朝の雅を伝える行事として特に有名で、しばしば全国ネットのテレビでも紹介されています。

また梅の名所としても有名で毎年2月から3月にはしだれ梅と椿まつりが開かれ、しだれ梅の美しさは京都で一番と言われています。探梅(たんばい)、観梅(かんばい) 、惜梅(せきばい) と移り行くしだれ梅の景色を楽しめます。椿は12月から3月末にかけて神苑入口から春の山、平安の庭にかけて、中輪白色の初嵐(はつあらし)、ピンク椀咲き大輪の曙(あけぼの)、真紅の藪椿「城南椿」など3300本の椿が次々に咲きます。参道ではしだれ梅をはじめとして椿・サザンカ類・金木犀・沈丁花・柊や、黒松の盆栽が見られ、名物「椿餅」の限定販売も行われます。

城南宮は京都五社めぐりの神社でもあります。京都五社めぐりとは平安京と深い関係にある神社を巡ります。北の玄武「上賀茂神社」、西の桂川に白虎「松尾大社」、中央を守る「平安神宮」、東山にある蒼龍「八坂神社」、そして鴨川と桂川が出合う南にある朱雀「城南宮」です。

主祭神

息長帯日売命(神功皇后)
八千歳神(大国主神)
国常立尊

配祀

天照皇大神
品陀別命
別雷神
大山咋神
天児屋根命宇気毛智神

境内

本殿、拝殿、祈祷殿、前殿、神楽殿、神輿舎

摂社

真幡寸神社、唐渡天満宮、三照宮社、飛鳥田神社

末社

稲荷社、厳島社、住吉社、兵主社、粟島社、天満宮社妙見社、金刀比羅社、大国主社、春日社

主な例祭・神事・行事

歳旦祭(1月1日)
祓神楽(1月1日~3日)
釿始式(1月5日)
湯立神楽(1月20日)
節分祭(2月3日)
紀元祭(2月11日)
城南宮七草粥の日(2月11日)
梅が枝神楽
春祭(祈年祭)(3月20日)方除大祭(4月第2金・土・日曜日の3日間)
曲水の宴(4月29日)
藤の巫女神楽
茅の輪くぐり・人形流し(6月25日~30日)と夏越の祓(6月30日)
愛車の茅の輪くぐり(7月1日~7日)
例祭(7月20日)
お涼み神楽(7月20日)
菊の巫女神楽城南祭(10月第3日曜日)
曲水の宴(11月3日)
火焚祭、火焚神事(11月20日)
秋祭(新嘗祭)(11月24日)
天皇誕生祭(12月23日)
大祓、除夜祭(12月31日)


城南宮
所在地:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
電話: 075-623-0846
 
交通アクセス

バス


京都らくなんエクスプレス(REX)

土休日は京都駅八条口から城南宮前まで直通
城南宮まで徒歩約1分

平日は京都駅八条口から油小路城南宮まで直通

城南宮まで徒歩約4分

電車


京都市営地下鉄・近鉄竹田駅下車

タクシーで約3分
市バス乗り換えで城南宮東口下車徒歩3分
 

 
名神高速
京都南インターからすぐ
 
阪神高速京都線
久我山ジャンクション、上鳥羽ランプからすぐ
 
無料駐車場あり