茨木神社で七五三の撮影

神社に出張の七五三写真・写真集とデータ付き
茨木神社へ出張しての七五三詣りの記念写真は、いつ、撮るかは着物の着付けや髪飾りが崩れる、お参り、参拝、ご祈祷前が手直しがなく安くできると口コミで、おすすめの方法
きっちりした写真も、
いつもの笑顔も、
ちょっと面白い写真も、
全部、写真に残したい。
 
だから、
子ども達のペースに合わせて、
自然に楽しめる様に撮ります。
上賀茂神社での七五三の写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
お宮参りの案内
 
 
1番
 
”安心して予約できる”

 
 
子供達のペースに合わせて撮影
雨や体調不良でのキャンセル、延期は無料
カメラマンはプロ13年以上のベテラン
料金もカメラマンもホームページで確認

土日祝の追加料金なし

カメラマンは神社、神道について研修済み
神様に失礼がないようなマナーを習得済み
他の参拝者へ迷惑をかけない撮影方法

 
予約、キャンセル、お宮参りの時間、神社へ事前の確認事項、当日の流れについてはこちら
 
予約キャンセル案内
 
 
七五三とお宮参りの写真
 
2番
 

 

”口コミが信用できる”
 
 
「いっぱい遊んで楽しかった!」
 
「もう帰るの?おうちでも遊ぼうよ〜」
 
「人見知りしなくて、びっくりしました!」
 
「まさか、こんなに笑顔になるなんて!」
 
「写真館では嫌がったの今日は楽しそう!」

 

 
3番
 
”写真に満足"
 
平均300枚〜500枚のデータ付き
 20ページのミニ写真集付き

 

自然な写真がいっぱい
フォーマルなきちんとした写真
カメラを意識していない自然な笑顔
 

着物や服装で悩んだら

 
掲載OKなお客様の当日のブログ
参考になる記事や写真がいっぱい
お宮参りの写真
 
11月の七五三写真
 
4番
 
 
”安心できるカメラマン”
 
全スタッフ、プロでの経験13年以上
神社でのマナーや神道についての研修済み
 
仕事の事、日常の事、子育ての事、遊びの事
人柄がわかるように沢山書いています。
お宮参り出張カメラマン
 
5番
 

”料金が明確” 

  
20ページミニ写真集付き
お渡しデータは平均300枚〜500枚
撮影枚数、お渡しデータ枚数に制限なし
状況に合わせて撮影時間も臨機応変に対応
後出しのような追加料金はなし
 

<七五三撮影料金>
 
 主役が一人の場合 39,000円+出張費
 
 主役が二人以上の場合 45,000円+出張費
*兄弟姉妹や同時にお宮参りなど
 

LINEを使ってスマホにデータを送る事もできます。ご希望の場合、お申し出ください。

 
 

撮影料、出張費、着付け料金
↓ 
料金案内
七五三とお宮参りの写真
七五三の思い出
 
将来、辛い事や悲しい思いをした時、この子を勇気づけるような写真を残したい。

こんなにも沢山の人に愛され、見守られていた事実を未来のこの子に届けたい。
 
それは20年、30年後かもしれない。大切な家族や仲間に囲まれているのに、気がつかず孤独になっているかもしれない。

だからこそ、写真を残したい。
 
未来のこの子に元気と勇気と優しさを思い出させてくれるような写真を。

パパ、ママへ

 
七五三の当日、
子ども達は、地面に転がってみたり、
 
七五三の写真
 
走ったり、
 
七五三の写真
 
こけたり、
 
七五三の写真
 
散らかしたり、
 
七五三の写真
 
ひっぱったり、
 
七五三の写真
 
くっついたり、
 
七五三の写真
自由に動きまわるかもしれませんが、色んな表情や動きが撮れて、ラッキーと思っていただけると嬉しいです。
 
もちろん、境内なのでマナーを守り、また、いわゆる『きちんとした写真』を撮るようにします。

 

しかし、きちんとするために子供達に無理をおしつけると、きちんとしてるけど表情が怖かったり、それ以上に嫌な思い出になったりするかもしれません。
 
なので、子ども達のペースに合わせて、じっくりと撮影します。大事な七五三の1日を楽しい思い出にしていただければ嬉しいです。
七五三の写真
みんなが楽しそうに撮影していれば、きっと子ども達もいい笑顔になりますので。
七五三の写真

七五三TOP | 茨木神社

写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真

茨木神社まで七五三の写真

神社まで出張して七五三を撮影

茨木神社について

茨木神社
いばらきじんじゃ
ibarakijinja

茨木神社は大阪府茨木市に鎮座する神社です。JR茨木駅と阪急茨木市駅の中間、川端通り沿い高橋北詰に位置し茨木市役所の斜め向かいにある神社です。創建の詳細は不明ですが、坂上田村麻呂が大同2年(807年)荊切の里(茨木の地名の由来)を作った時、今は奥宮となっている天石門別神社が創建されたと伝わる歴史、由緒ある神社です。延喜式神名帳にも天石門別神社の名があり、楠木正成が茨木城を築くに当たって現在の場所へと遷座し、以後、代々の茨木城主の崇敬を受けた神社です。

戦国時代になると、織田信長が統治手段としてキリスト教を保護し、織田信長に倣いキリシタンである高槻城主の高山右近が神社仏閣を焼却するようになりました。しかし、さすがの織田信長も天照大御神、春日大神(天児屋根命)、八幡大神(誉田別命)そして信長自身の産土神である牛頭天王(素戔嗚尊)だけは恐れて破却しませんでした。そこで天石門別神社は社名を隠し、牛頭天皇を祀ると詐称して焼却を免れたと伝えられています。そして、のちになってから素戔嗚尊を実際に合祀、牛頭天皇、春日大神、八幡大神を祀る社殿を新たに建造して本殿とし、天石門別神社を奥宮として今日にいたります。

1月に行われる十日戎祭では、「商売繁盛で笹もってこい」の掛け声が響き渡る境内は福笹吉兆を求める大勢の人で賑わいます。 1月10日には、福娘が乗った宝恵籠が市内各所を巡行します。また、11月の恵美須神社例祭は江戸時代に商人たちが茨木講を作り、毎年各家が交代で祀っていたのを当社が祭典を執り行ったことに始まります。そのため茨木神社は商売繁盛の神社としても崇敬されています。

主祭神

建速素盞嗚尊(タケハヤスサノオノミコト)

配祀

誉田別命(ホムタワケノミコト)
天児屋根命(アメノコヤネノミコト)

境内社

皇大神宮・祭神天照大御神
稲荷神社・祭神宇迦御魂命
愛宕神社・祭神火産霊命
天満宮・祭神菅原道真公
主原神社・祭神天児屋根命
多賀神社・祭神伊射那岐命
皇大神社・祭神天照大御神
事平神社・祭神大物主神、崇徳天皇、金山彦命
厳島神社・祭神市杵島姫
恵美須神社・祭神事代主命、大国主命

主な神事・例祭・行事

1月1日、歳旦祭
1月9日~11日、十日戎祭
1月15日、祈祷木奉焼祭、左義長神事・とんど
2月3日、節分祭、鎮魂星祭
2月11日、紀元祭
4月8日、人形奉焼祭
4月18日、祈年祭、奉賛会、厄除安全祈願祭
6月30日、大祓、輪くぐり神事
7月13日~14日、夏祭
10月10日、例大祭
11月15日、七五三詣
11月20日、恵美須神社例祭
11月23日、新嘗祭
12月31日、大祓


茨木神社
所在地:大阪府茨木市元町4−3
電話: 072-622-2346
 
交通アクセス
 
電車
JR西日本京都線(東海道本線)茨木駅下車
徒歩約15分
阪急京都線茨木市駅下車
徒歩約10分
 

境内横に参拝者専用駐車場あり
神社隣の中央公園に地下駐車場あり
地下駐車場から地下道で境内へ直結

料金は全て消費税は別となります。
写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
Copyright  KikiPhotoWork All Rights Reserved.
キキフォトワークス