西宮神社で七五三の撮影

神社に出張の七五三写真・写真集とデータ付き
西宮神社へ出張しての七五三詣りの記念写真は、いつ、撮るかは着物の着付けや髪飾りが崩れる、お参り、参拝、ご祈祷前が手直しがなく安くできると口コミで、おすすめの方法
きっちりした写真も、
いつもの笑顔も、
ちょっと面白い写真も、
全部、写真に残したい。
 
だから、
子ども達のペースに合わせて、
自然に楽しめる様に撮ります。
上賀茂神社での七五三の写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
お宮参りの案内
 
 
1番
 
”安心して予約できる”

 
 
子供達のペースに合わせて撮影
雨や体調不良でのキャンセル、延期は無料
カメラマンはプロ13年以上のベテラン
料金もカメラマンもホームページで確認

土日祝の追加料金なし

カメラマンは神社、神道について研修済み
神様に失礼がないようなマナーを習得済み
他の参拝者へ迷惑をかけない撮影方法

 
予約、キャンセル、お宮参りの時間、神社へ事前の確認事項、当日の流れについてはこちら
 
予約キャンセル案内
 
 
七五三とお宮参りの写真
 
2番
 

 

”口コミが信用できる”
 
 
「いっぱい遊んで楽しかった!」
 
「もう帰るの?おうちでも遊ぼうよ〜」
 
「人見知りしなくて、びっくりしました!」
 
「まさか、こんなに笑顔になるなんて!」
 
「写真館では嫌がったの今日は楽しそう!」

 

 
3番
 
”写真に満足"
 
平均300枚〜500枚のデータ付き
 20ページのミニ写真集付き

 

自然な写真がいっぱい
フォーマルなきちんとした写真
カメラを意識していない自然な笑顔
 

着物や服装で悩んだら

 
掲載OKなお客様の当日のブログ
参考になる記事や写真がいっぱい
お宮参りの写真
 
11月の七五三写真
 
4番
 
 
”安心できるカメラマン”
 
全スタッフ、プロでの経験13年以上
神社でのマナーや神道についての研修済み
 
仕事の事、日常の事、子育ての事、遊びの事
人柄がわかるように沢山書いています。
お宮参り出張カメラマン
 
5番
 

”料金が明確” 

  
20ページミニ写真集付き
お渡しデータは平均300枚〜500枚
撮影枚数、お渡しデータ枚数に制限なし
状況に合わせて撮影時間も臨機応変に対応
後出しのような追加料金はなし
 

<七五三撮影料金>
 
 主役が一人の場合 39,000円+出張費
 
 主役が二人以上の場合 45,000円+出張費
*兄弟姉妹や同時にお宮参りなど
 

LINEを使ってスマホにデータを送る事もできます。ご希望の場合、お申し出ください。

 
 

撮影料、出張費、着付け料金
↓ 
料金案内
七五三とお宮参りの写真
七五三の思い出
 
将来、辛い事や悲しい思いをした時、この子を勇気づけるような写真を残したい。

こんなにも沢山の人に愛され、見守られていた事実を未来のこの子に届けたい。
 
それは20年、30年後かもしれない。大切な家族や仲間に囲まれているのに、気がつかず孤独になっているかもしれない。

だからこそ、写真を残したい。
 
未来のこの子に元気と勇気と優しさを思い出させてくれるような写真を。

パパ、ママへ

 
七五三の当日、
子ども達は、地面に転がってみたり、
 
七五三の写真
 
走ったり、
 
七五三の写真
 
こけたり、
 
七五三の写真
 
散らかしたり、
 
七五三の写真
 
ひっぱったり、
 
七五三の写真
 
くっついたり、
 
七五三の写真
自由に動きまわるかもしれませんが、色んな表情や動きが撮れて、ラッキーと思っていただけると嬉しいです。
 
もちろん、境内なのでマナーを守り、また、いわゆる『きちんとした写真』を撮るようにします。

 

しかし、きちんとするために子供達に無理をおしつけると、きちんとしてるけど表情が怖かったり、それ以上に嫌な思い出になったりするかもしれません。
 
なので、子ども達のペースに合わせて、じっくりと撮影します。大事な七五三の1日を楽しい思い出にしていただければ嬉しいです。
七五三の写真
みんなが楽しそうに撮影していれば、きっと子ども達もいい笑顔になりますので。
七五三の写真

七五三TOP | 西宮神社

写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真
写真館やフォトスタジオではなく神社まで出張してご祈祷の予約前に撮る七五三の記念写真

西宮神社で七五三の写真

神社まで出張して七五三を撮影

西宮神社について

西宮神社
にしのみやじんじゃ
nishinomiyajinja

西宮神社は、兵庫県西宮市に鎮座する神社で、日本全国に約3500社ある、福の神として崇敬されている、えびす様を祀るえびす神社の総本社(えびす宮総本社)です。地元関西では「西宮のえべっさん」と呼ばれています。創建の時期や詳細は不明ですが、えびす(戎)の名前は平安時代後期の文献には、すでに数多く見られます。

西宮のえびす様は、海で漁をしていた漁師の元に御神像が現れ、漁師によって鳴尾の地でお祀りされていました。その後、御神託によりそこからさらに西の方、今の西宮に移り祭られたのが起源と伝えられております。この西宮の街は宿場町として栄え、多くの市場が開かれ、やがて市場の神様、商売繁盛の神様として信仰を集める様になりました。

平安時代には西宮神社の東に位置する廣田神社の境外摂社「南宮」とされ、この頃から境内近くに住んでいた人形繰りの芸能集団「傀儡師」が全国巡回を行い、えびす神の人形繰りを行って神徳を説いたことによって、全国にえびす信仰が広まったとされています。第二次世界大戦後、神社制度の改定によって廣田神社、西宮神社はそれぞれ独立した神社とされました。

祭神

第一殿・えびす大神(西宮大神・蛭児命)主祭神
第二殿・天照大御神
第二殿・大国主大神
第三殿・須佐之男大神

摂社・末社

火産霊神社、百太夫神社、六甲山神社、大国主西神社、神明神社、松尾神社、市杵島神社、宇賀魂神社、沖恵美酒神社、梅宮神社、庭津神社、住吉神社

文化財

国指定重要文化財表大門(赤門)
大練塀

登録有形文化財(国登録)瑞寶橋
嘉永橋

兵庫県指定文化財
重要有形文化財
西宮神社御社用日記 216点

天然記念物

西宮神社えびすの森

西宮市指定文化財重要文化財
銅鐘 慶長十五年ノ銘アリ
常夜燈型道標(歴史資料)

主な例祭・神事・行事

1月1日・歳旦祭
1月2日・奉射事始祭
1月3日・元始祭
1月5日・百太夫神社祭
1月8日・大鮪(おおまぐろ)奉納
1月9日・有馬温泉献湯式
1月10日・十日えびす大祭
1月10日・開門神事(かいもんしんじ)福男(ふくおとこ)選び
2月17日・祈年祭
5月1日から10日・太々神楽祭
6月14日・御輿屋(おこしや)祭
6月30日・夏越大祓
7月7日、9日、10日、20日・夏えびす
7月31日・末社住吉神社夏祭り
9月21日、22日、23日・例祭、西宮まつり
10月第一土曜日、翌日曜日・宮水まつり
11月20日・誓文祭
11月23日・新嘗祭


西宮神社
所在地:兵庫県西宮市社家町1番17号
電話: 0798-33-0321
 
交通アクセス
電車
阪神電車・本線「西宮駅」南口より南西へ徒歩5分
JR神戸線「さくら夙川駅」より南東へ徒歩10分
JR神戸線「西宮駅」より南西へ徒歩15分
阪急電車・神戸線「夙川駅」より南東へ徒歩15分

 
車の駐車場
境内に無料駐車場あり。
中型バスの駐車も可能。

料金は全て消費税は別となります。
写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
Copyright  KikiPhotoWork All Rights Reserved.
キキフォトワークス