石上神宮の結婚式当日

神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

  石上神宮での結婚式の場合、親族控え室も新郎さん、新婦さんのお支度部屋もすべて神社で用意されています。また、結婚式を1日に何組も取り扱う事がないので、部屋の利用時間も十分確保してくださいます。

 

結婚式の準備

 

そのため、どこか別に部屋を用意する必要もなく、すべて神社施設、境内でお支度から挙式、お着替えまで済ます事ができます。式後のお着替えも神社のお支度で可能です。

石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

石上神宮の境内は広大と言うほど広くなく、また撮影場所に困るくらい狭いわけでもなく程よい広さで、あちこちに撮影スポットがあるので、あまり動き回らなくても沢山の撮影ができる神社です。

石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
 

結婚式の説明

 

式の30分くらい前になると神職の方が来られて挙式の手順を説明してくださいます。そして時間が来たら手水を済ませ結婚式が行われる拝殿まで参進します。この参進も神社によっていろんな並びがありますが、石上神宮では新郎側、新婦側、それぞれ縦1列に並び、両家一緒に二列に並んで拝殿まで参進します。

石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

石上神宮の結婚式が行われる拝殿は現存する拝殿としては日本最古のもので国宝に指定されています。その国宝に上がって結婚式が行われる神社は、非常に珍しい事です。国宝でも入り禁止ではないんですね、結婚式だけでなくお宮参りや七五三なども、この拝殿でご祈祷が行われています。

石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
 

石上神宮の拝殿は国宝

 

そして石上神宮の結婚式では、新郎側と新婦側が対面しています。祝詞奏上まではこの位置で進行されますが、新郎・新婦誓飲の儀(三三九度の盃)の時から新郎と新婦は中央に移動して並んで儀式が進行します。

石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
誓詞奏上、玉串奉天、親族硬めの盃まで進めば退下します。でも、この時、新郎新婦を含めたいていの人は顔が苦笑いです。というのも写真を見てもらえればわかるように石上神宮の結婚式は板の間に正座しての結婚式です。時間は30分ほどですが、それでも正座をする機会が少なくなった日本人にとっては、それでも十分に足がしびれます。
石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
人数が多い場合、段を使ったきっちりした集合写真も撮る事ができます。そんな場合でも、やっぱりラフな感じの集合写真も欲しいですよね。
石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
この時の結婚式では式の後、石上神宮の隣にあるル・レーヴ(Le reve) での披露宴がありました。そのため新婦さんは白無垢からドレスに着替えます。石上神宮での結婚式では、そういった着替える場所、時間があるのが嬉しいです。そしてル・レーヴ(Le reve) へは石上神宮から徒歩で3分です。お支度から挙式、披露宴まで少ない移動で済ます事ができます。

 
これは2017年8月時点での内容です。最新の状況は直接、石上神宮にお問い合わせください。
石上神宮ホームページ

石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真
石上神宮の結婚式の申し込みや準備、式の流れについての写真

挙式プランTOP | 石上神宮結婚式の流れ

石上神宮の結婚式

石上神宮結婚式でレンタル衣装・着付け・ヘアーメイク
スナップ写真・記念写真のデータ付きのセット
写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
価格や商品の仕様は予告無く変更されます。 
価格は全て消費税は別となります。
Copyright  KikiPhotoWorks All Rights Reserved.
 
 
 
 
・・・

石上神宮について

石上神宮
いそのかみじんぐう
isonokamijingu
 
奈良県天理市に鎮座する神社です。石上神宮と書いて『いそのかみじんぐう』と読みます。天理市といえば高校野球で有名な天理高校、そして天理教の教会本部があるところです。
 
奈良の平野部、大和盆地の中心の東側にある龍王山の西の麓、布留山の北西麓の高台、山の辺の道に沿って位置する神社です。境内は大鳥居でさえも覆ってしまう常緑樹に囲まれ、七十二候にちなんだ東天紅と烏骨鶏などの鶏が約30羽、放し飼いされながら丁重に保護されています。北には布留川が流れており、神社周辺は古墳の密集地帯となっています。
 
武門の棟梁たる物部氏の総氏神として健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として古代より信仰されてきました。
 
建造は伝えられているのでは崇神天皇7年ですが、正確な時代は不明です。古い歴史の本では、古事記、日本書紀に出てくる神宮は伊勢神宮と石上神宮だけで、神宮では日本最古の神宮となります。それと同時に日本最古の神社と言われています。日本最古と言えば、石上神宮のすぐ近くにある大神神社も日本最古と言われています。どちらも、それくらい歴史がある神社です。
  
境内には国宝に指定されている拝殿、摂社出雲建雄神社拝殿をはじめ、国の重要文化財に指定されている楼門、そして摂社、末社が七社あります。大神神社と同じように、元々は本殿はありませんでした。拝殿奥にある禁足地を布留高庭、御本地などと称して祀り、神宝が埋斎されていると伝えられていた。明治の時代に入り禁足地の発掘があり、出土した神剣、曲玉などの神宝、宝物を奉斎するために本殿が建造されました。本殿完成後も禁足地は今もなお、布留社と刻まれた剣先状石瑞垣で囲ま、昔の佇まいを今も残しています。
 
奈良には多くの神社がありますが、その中で名前が有名な神社の中では一般的な観光客が少なく、信仰を持って参拝される人が多い神社です。そのため団体観光客を見かけることが少ないです。
 
結婚式に関しては国宝に指定されている拝殿で挙式が行われます。その国宝である拝殿の板の間に座って結婚式が行われる、日本でも数少ない神社です。
 
石上神宮
式内社(名神大社)、二十二社(中七社)
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社
 
主祭神
 
布都御魂大神
 
配神
 
布留御魂大神、十種神宝に宿る神霊
布都斯魂大神、天羽々斬剣に宿る神霊
宇摩志麻治命
五十瓊敷命
白河天皇
市川臣命、天足彦国押人命
 
摂社
 
出雲建雄神社 祭神:出雲建雄神
天神社 祭神: 高皇産霊神、神皇産霊神
七座社 祭神: 生産霊神、足産霊神、魂留産霊神、大宮能売神、御膳都神、辞代主神、大直日神
 
猿田彦神社 祭神:猿田彦大神、住吉大神、高靇神
 
末社

神田神社 祭神: 高倉下命
祓戸神社  祭神: 祓戸大神(聖域につき神職者以外は参拝不可)
恵比須神社 祭神: 事代主神 - 境外末社
 
国宝

拝殿(建造物)
摂社出雲建雄神社拝殿(建造物)七支刀(考古資料)

国指定の重要文化財

楼門(建造物)
色々威腹巻 兜・壺袖付(工芸品)鉄盾 2枚(考古資料)その他、石上神宮禁足地出土品が多数(考古資料)
 
祭事・神事・行事
石上神宮のHPで確認ください。


石上神宮
所在地: 奈良県天理市布留町384
電話: 0743-62-0900
拝殿の参拝・拝観は5時30分から17時30分
 
交通アクセス
• 天理駅(近鉄・JR)から
• 徒歩:約30分
• バス:奈良交通バス 苣原(ちしゃわら)経由 国道針行きまたは針インター行きで「石上神宮前」バス停下車 (下車後徒歩5分) - 1日3~4往復の運行。

 
駐車場あり
 
 
 
 
 

大神神社で結婚式の写真
 

神社結婚式の流れ

 
神前式の流れは意外と知らない。
事前に知ってると安心です。
大神神社を例に説明します。