春日大社の結婚式当日の流れ

神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
春日大社の結婚式の申し込みや予約、準備、式の流れについての説明の写真

春日大社での結婚式では2つの注意点があります。まず写真撮影ですが、本殿の中で行われる結婚式の撮影は神社指定の写真館しかできません。
 

結婚式の撮影

 

 キキフォトワークスが撮影に伺った時は、本殿に入るまでと挙式が終わって本殿から出てから撮影する事が出来ます。ただ、春日大社では、お日柄の良い日は結婚式が多いです。そのため、挙式が多い日は本殿前や春日大社境内でゆっくりと撮影する事ができず、次の組のために速やかに場所をあけないといけません。そんな場合、少し足を伸ばして奈良公園でゆっくりと撮影する時間を作っています。

春日大社の結婚式の申し込みや予約、準備、式の流れについての説明の写真

もう1つは、お二人の着替えやヘアメイクを行う場所である美粧室と、参列の皆様の待機する部屋、親族控え室についてです。親族控え室は挙式の1時間前から利用できますが、着替えは出来ません。親族の皆さんは身支度を全て整えてから控え室で待ちます。
 

結婚式の準備

 
美粧室は式の2時間前から利用できますが、お支度に2時間使える訳ではありません。スタッフによる準備に最初の30分が使われます。準備が終わってからヘアメイクを始めます。また、式の30分前に巫女さんからの挙式説明があります。そのため挙式30分前までに仕上げないといけません。
 

着付けとヘアメイク

 
そのため、着付けやヘアメイクに使えるのは1時間だけとなり、非常に時間が短いために丁寧な仕事が難しいです。また、美粧室も親族控え室も挙式が終わった後は使用できません。そのため、キキフォトワークスでは春日大社近くの別の場所でお支度をおすすめしています。 その場所については、打ち合わせの時にいくつか提案しております。
 

春日大社の結婚式の申し込みや予約、準備、式の流れについての説明の写真
 

巫女さんから結婚式の説明

 

挙式当日は新郎新婦、ご親族ともに全ての身支度を整えて挙式30分前には控え室で待機します。控え室で巫女さんからの挙式説明があります。その後、時間になれば参進への案内となり、ここから先は全て神社の指示にしたがいますので、皆様は指示通りに動くだけとなります。
 
挙式後は、神社からキキフォトワークスへ引き継がれます。まずは親族集合写真を撮影いたします。その後のスケジュールについては、打ち合わせの上、詳細を決めております。
 
これは2017年8月時点での内容です。最新の状況は直接、春日大社にお問い合わせください。
 
春日大社ホームページ

春日大社の結婚式の申し込みや予約、準備、式の流れについての説明の写真

挙式プランTOP | 春日大社結婚式の流れ

春日大社の結婚式

春日大社結婚式でレンタル衣装・着付け・ヘアーメイク
スナップ写真・記念写真のデータ付きのセット
写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
価格や商品の仕様は予告無く変更されます。 
価格は全て消費税は別となります。
Copyright  KikiPhotoWorks All Rights Reserved.
 
 
 
 
・・・

春日大社について

春日大社
かすがたいしゃ
kasugataisya
 
奈良市に鎮座する神社で、日本に1000社ある春日神社の総本社です。そしてユネスコの世界遺産『古都奈良の文化財』の1つとして登録されている奈良を代表するような神社です。武甕槌命が白い鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とし神社境内や奈良公園には多くの鹿が生息しています。
 
春日大社の東に広がるのが春日山の原生林です。春日大社の神山として信仰されていたため、ほとんど伐採されることもなく9世紀頃には禁伐令が出されて積極的な保護がされていたため今の時代まで原始の姿を保ってきました。この春日山原生林は特別天然記念物として国から指定されています。また境内は国から史跡に指定されています。
 
奈良の平城京が遷都された時、藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山に祀り、春日神と称したのが春日大社の始まりとされています。藤原氏の氏神・氏寺の関係から興福寺との関係が深く、興福寺衆徒らによる強訴が行われる時、春日大社の神霊を移した榊の木(神木)を奉じて上洛していました。
 
藤原氏の隆盛とともに春日大社も隆盛し、平安時代には官祭も行われるようになりました。春日大社の例祭、春日祭は、賀茂神社の葵祭、石清水八幡宮の石清水祭とともに三勅祭の一つとされています。
 
式年造替の期間は若宮殿で挙式が行われていましたが、平成28年に式年造替が終わり今後20年くらいは大きな工事もなく御本殿前で挙式が行われます。本殿は春日造の屋根が有名で第一殿、第二殿、第三殿、第四殿と4棟並んでいます。拝殿はなく参拝者は初穂料を納めて特別拝観を申し込んでから本殿前の中門から参拝することになります。
 
春日大社への参拝ですが、大きな朱色の一の鳥居から始まります。そこから長い参道を歩き、萬葉植物園の横を通りすぎると駐車場奥にある新しくなった春日大社国宝殿が見えます。春日大社は国宝や重要文化財に指定されている物が数多くありますが、この国宝殿で神宝などその一部を見る事ができます。また、奈良国立博物館にも近いので多くの歴史愛好家が訪れます。
 
さらに進むと、たくさんの灯篭が本殿を取り囲む回廊まで続いています。その灯篭には、よく鹿が現れるので外国人観光客の人たちがよく記念撮影をされています。灯篭に挟まれながら階段を登ると朱色も鮮やかな回廊につきます。その回廊の中にある本殿の前にある中門で結婚式が行われます。
 
結婚式の場合、回廊横にある貴賓殿が新郎さん、新婦さん、そして参列者の皆様の控え室になります。貴賓殿へは玄関前まで車でいく事ができます。
 
キキフォトワークスが春日大社での結婚式に伺う場合、神社指定以外の持ち込み業者として伺います。その場合の最新の注意点や持ち込み費用に関しては事前に春日大社にご確認ください。
 
春日大社
藤原氏の氏神を祀るために創建された神道の神社
かつての名称は春日神社
式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社
神紋は下がり藤
 
主祭神は4柱で総称して春日神

武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神)
経津主命 - 同上(下総国香取の神)
天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神)
比売神 - 天児屋根命の妻(同上)

主な摂社・末社

若宮神社・十二社
榎本神社・祓戸神社
一言主神社・金龍神社

他多数の摂社、末社があります。
 
国宝
 
本社 本殿 4棟(附:透塀、内鳥居、瑞垣)
金地螺鈿毛抜形太刀
沃懸地酢漿平文
金物鮮やかな鎧兜の甲冑をはじめ美術工芸品多数

主な国指定の重要文化財
 
境内の多くの社殿が指定されています。
本社 23棟
摂社若宮神社4棟
旧春日大社板倉
その他、木造舞楽面をはじめ美術工芸品が多数あり


春日大社
所在地: 奈良県奈良市春日野町160
電話: 0742-22-7788 
交通アクセス

近鉄奈良線、近鉄奈良駅およびJR西日本関西本線・桜井線、奈良駅から奈良交通バスで春日大社本殿行きで終点の「春日大社本殿」バス停下車すぐ。

奈良交通バス(市内循環外回り)「春日大社表参道」バス停下車、徒歩10分。
 近鉄奈良駅から徒歩で約25分。
JR奈良駅から徒歩で約35分。
 
駐車場あり
バス・乗用車合わせて100台駐車可能
駐車料金 バス 2500円、乗用車 1000円

春日大社ホームページ
 
 
 

大神神社で結婚式の写真
 

神社結婚式の流れ

 
神前式の流れは意外と知らない。
事前に知ってると安心です。
大神神社を例に説明します。