豊国神社でお宮参り撮影

全カットのスナップ写真データと写真集付きプラン
日本全国の神社へ出張して撮影しています。
豊国神社お宮参り写真キキフォトワークスのバナー
神社でお宮参りの出張撮影の写真
大神さまへの感謝と家族の絆
愛する気持ちを残したい
キキフォトワークス
お宮参りの赤ちゃんのイラスト
お宮参りの赤ちゃんのイラスト
お宮参りの赤ちゃんのイラスト

豊国神社

豊国神社まで出張してお宮参りを撮影
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

お宮参りの写真について

 
お宮参りに行かれる神社まで出張。
お決まりのポーズだけではありません。
 
パパ、ママとのスリーショット。
家族全員や赤ちゃん一人で撮ったり。
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒。
兄弟と一緒に撮ったり。
 
そんな、堅苦しくない自然な写真。
どんな思いで撮っているのか。
どんな写真を撮っているのか。
その撮影内容を詳しく書いています。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

神社出張のお宮参り写真

 
実際のお客様の写真です。
赤ちゃんの状態にもよりますが
早ければ3、40分くらい。
平均で1時間ほど撮影しています。  
その間、神社境内のいろんなところで。
場所を変えながら撮影します。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 
お宮参り当日の流れについて。
 
ご祈祷と撮影の流れについて。
ご祈祷中の撮影ができる神社。
撮影ができない神社。
それぞれスケジュールが違います。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

お宮参りの撮影料金

 
撮影料はシンプルなワンプライスです。
追加料金無しでデータと写真集付き。
お渡しのデータ枚数は、
平均150枚〜250枚くらい。
 
撮影枚数に制限はないです。
カットも数も制限はないです。
ポーズ数も決まりや制限はありません。
 
お渡しのデータ枚数も制限はないです。
写真やデータを沢山欲しいと追加料金。
そんな心配はないのでご安心ください。
 
沢山撮って沢山お渡しいたします。
 
 
 
カメラマン紹介
 
結婚式カメラマンのプロフィール紹介
 
神様に失礼が無いように。
他の参拝者の迷惑にならないように。
神道、神様、神社について研修済み。
 
どんな人が来るのか、わかると安心。
カメラマンのプロフィール。
スタッフの紹介。
キキフォトワークスの事。
会社概要、所在地、連絡先。
 

豊国神社

豊国神社まで出張してお宮参りを撮影
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 
日本全国の神社に出張しています。
遠方の場合、泊まりがけで伺います。
 
お宮参りの時に着る着物は初着の写真
 

写真集と全カットのデータがつきます。

 

その写真集は印刷タイプです。
データと一緒に出来上がります。
 
データは全カットがついています。
平均で150枚前後になります。
データはご自身でコピーもできます。
 
追加でアルバム制作も可能です。
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
お宮参り用着物レンタルと小物販売
 
着物はレンタルで用意しています。
お宮参り用の小物は販売のみです。
小物には赤ちゃんのお名前を書きます。
ご希望の場合事前に申し込みください。
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
日程変更やキャンセルも安心です。
産後は何かと不安定で心配もあります。
赤ちゃんの状態や ママの体調。
直前のキャンセルも無料なので安心。 
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
予約受付について。
 
2ヶ月前から予約可能です。
でも、だいたいでアバウトです。
曜日や季節によっては早くの予約も!
まずは、お問い合わせください。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト

HOME | 豊国神社お宮参り

空き状況の
問い合わせ
予約はこちら

LINEではお得情報発信中!

 

友だち追加   
お宮参りのLINE@

 
婚礼写真家mywedのバナー
.
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
.
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
 
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

豊国神社について

豊国神社
とよくにじんじゃ
toyokunijinja
 
京都市東山に鎮座する神社です。場所的には京都市の五条通りのすぐ南に鎮座します。でも、豊国神社は同じ名前で京都以外にも大阪城公園内や滋賀県長浜市、そして名古屋市中村区にも鎮座します。どの豊国神社も太閤殿下、豊臣秀吉を祀っていますが、全国的に名が知られているのは京都、東山五条の豊国神社です。
 
慶長3年に亡くなった豊臣秀吉の遺体はしばらくは伏見城内に安置されていました。その後、伏見城から東山大仏(方広寺)の東方の阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、その麓に高野山の木食応其によって廟所が建立されたのが豊国神社の始まりです。秀吉の死は長らく伏せられていたことから大仏の鎮守社とされていました。
 
最初は秀吉が自身を新八幡として祀るように遺言していたため新八幡社と呼ばれていましたが、朝廷から秀吉に豊国乃大明神の神号が与えられた事をきっかけに豊国神社の名前が命名されました。
 
なお、豊国神社は豊臣秀頼の希望により大坂城内にも分祀されましたが、秀頼自身は本社創建には参列せず、慶長16年の二条城訪問の折に最初で最後となる参拝を行っています。大明神号とされたのは、八幡神は皇祖神であるから、皇族ではない秀吉には天皇から勅許が下りなかったとする説。そして、吉田神道による結果とする説とがあります。なお、豊国社の遷宮は吉田神道の吉田家によって主宰されていました。
 
豊臣家滅亡の後、徳川家康の時代になると、家康の意向で後水尾天皇の勅許を得て豊国大明神の神号は剥奪され、幕府によって神社自体も廃絶されました。神でなくなった秀吉には仏教の戒名がつけられ、秀吉の霊は大仏殿裏手南東に建てられた五輪石塔に遷されました。
 
その後、江戸時代を通じて再興される事はありませんでした。幕府の歴史が終わり明治時代に入ると明治天皇の勅命によって社殿が再建、豊国神社も再興されました。
 
唐門は国宝に指定されており重厚な佇まいが圧巻です。境内の宝物館には秀吉の遺品を納めた重要文化財にも指定されている唐櫃も展示されています。毎年、9月18日は例祭で、旧暦の8月18日が祭神・豊臣秀吉の命日に当たります。そして翌日の9月19日には茶道・藪内流家元による献茶式が催されています。
 
豊国神社
 
祭神・豊臣秀吉(豊国大明神)
 
国宝

唐門
南禅寺塔頭金地院にあったものを豊国神社再建にあたって金地院から移築。以心崇伝が江戸幕府から二条城の唐門を譲り受けたもので、その前は伏見城にあったとの2つの説がある。

重要文化財
紙本著色豊国祭図 六曲屏風一双 狩野内膳筆
黄地菊桐文付紗綾胴服
桐唐草蒔絵唐櫃・桐鳳凰蒔絵唐櫃・桐薄蒔絵唐櫃
鉄燈篭 辻与次郎作
薙刀直シ刀 無銘 伝粟田口吉光(骨喰)


豊国神社
所在地: 京都府京都市東山区茶屋町530
電話: 075-561-3802
 
交通アクセス
京阪電車 七条下車 徒歩約10分 
市バス 博物館三十三間堂前下車 徒歩約5分
駐車場ありバス2台分 無料
自家用車15台分 無料