城南宮でお宮参り撮影

全カットのスナップ写真データと写真集付きプラン
日本全国の神社へ出張して撮影しています。
城南宮でお宮参り写真キキフォトワークスのバナー
城南宮でお宮参りの出張撮影の写真

城南宮神苑楽水苑、春の山

大神さまへの感謝と家族の絆
愛する気持ちを残したい
キキフォトワークス
お宮参りの赤ちゃんのイラスト
お宮参りの赤ちゃんのイラスト
お宮参りの赤ちゃんのイラスト

城南宮

城南宮まで出張してお宮参りを撮影
城南宮でお宮参りの出張撮影の写真

城南宮神苑内

お宮参りの写真について

 
お宮参りに行かれる神社まで出張。
お決まりのポーズだけではありません。
 
パパ、ママとのスリーショット。
家族全員や赤ちゃん一人で撮ったり。
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒。
兄弟と一緒に撮ったり。
 
そんな、堅苦しくない自然な写真。
どんな思いで撮っているのか。
どんな写真を撮っているのか。
その撮影内容を詳しく書いています。
 
 
城南宮でお宮参りの出張撮影の写真

城南宮朱の鳥居


お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

神社出張のお宮参り写真

 
実際のお客様の写真です。
赤ちゃんの状態にもよりますが
早ければ3、40分くらい。
平均で1時間ほど撮影しています。  
その間、神社境内のいろんなところで。
場所を変えながら撮影します。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 
お宮参り当日の流れについて。
 
ご祈祷と撮影の流れについて。
ご祈祷中の撮影ができる神社。
撮影ができない神社。
それぞれスケジュールが違います。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

お宮参りの撮影料金

 
撮影料はシンプルなワンプライスです。
追加料金無しでデータと写真集付き。
お渡しのデータ枚数は、
平均150枚〜250枚くらい。
 
撮影枚数に制限はないです。
カットも数も制限はないです。
ポーズ数も決まりや制限はありません。
 
お渡しのデータ枚数も制限はないです。
写真やデータを沢山欲しいと追加料金。
そんな心配はないのでご安心ください。
 
沢山撮って沢山お渡しいたします。
 
 
 
カメラマン紹介
 
結婚式カメラマンのプロフィール紹介
 
神様に失礼が無いように。
他の参拝者の迷惑にならないように。
神道、神様、神社について研修済み。
 
どんな人が来るのか、わかると安心。
カメラマンのプロフィール。
スタッフの紹介。
キキフォトワークスの事。
会社概要、所在地、連絡先。
 

城南宮

城南宮まで出張してお宮参りを撮影
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 
日本全国の神社に出張しています。
遠方の場合、泊まりがけで伺います。
 
お宮参りの時に着る着物は初着の写真
 

写真集と全カットのデータがつきます。

 

その写真集は印刷タイプです。
データと一緒に出来上がります。
 
データは全カットがついています。
平均で150枚前後になります。
データはご自身でコピーもできます。
 
追加でアルバム制作も可能です。
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
お宮参り用着物レンタルと小物販売
 
着物はレンタルで用意しています。
お宮参り用の小物は販売のみです。
小物には赤ちゃんのお名前を書きます。
ご希望の場合事前に申し込みください。
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
日程変更やキャンセルも安心です。
産後は何かと不安定で心配もあります。
赤ちゃんの状態や ママの体調。
直前のキャンセルも無料なので安心。 
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
予約受付について。
 
2ヶ月前から予約可能です。
でも、だいたいでアバウトです。
曜日や季節によっては早くの予約も!
まずは、お問い合わせください。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト

HOME | 城南宮お宮参り

空き状況の
問い合わせ
予約はこちら

LINEではお得情報発信中!

 

友だち追加   
お宮参りのLINE@

 
婚礼写真家mywedのバナー
.
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
.
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
 
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

城南宮について

城南宮
じょうなんぐう
jonangu

城南宮は京都市伏見区中島鳥羽離宮町に鎮座し、式内社、旧社格は府社。方除の大社として知られている神社です。創建の年代は不明ですが、神功皇后による三韓征伐の際、船上に立てられた旗に神功皇后・八千戈神(大国主神)の神霊を添えて奉斎されたのが始まると伝えられています。

平安遷都の際に都の安泰と国の守護を願い国常立尊を八千矛神と息長帯日売尊に合わせ併祀され、城(平安京)の南にあることから城南神と呼ばれ流ようになりました。平安時代後期になると白河上皇や鳥羽上皇が鳥羽離宮(城南離宮)を造営してからはその一部となり、院政の拠点、政治・文化の中心地ととなり祭礼も大いに賑わいました。そして城南宮は離宮の鎮守として一層崇められるようになります。

代々の天皇や上皇の熊野詣が盛んに行われていた時、精進所や方違の宿所にも充てられ方位の災厄から無事であるようにと、旅の安全が祈願されました。また、京都御所の裏鬼門を守る神となったことから貴族の方違の宿所となり、方除けや厄除けの神としても信仰されるようになります。現代になっても全国から建物の工事や引越、通勤通学、そして旅行に伴う方除の祈願に多くの方が参拝に訪れています。

明治維新の鳥羽伏見の戦は、城南宮の参道に置かれた薩摩藩の大砲が放たれたことで戦が始まりました。官軍が錦の御旗を翻って旧幕府軍に勝利すると薩摩藩の軍勢は城南宮の御加護で勝利を得られたとし御礼参りに城南宮を訪れました。

近年では方位の災厄けから転じて交通安全の神様としても信仰され、毎年7月には珍しい自動車の茅の輪くぐりが行われています。また神社の家紋でもある神紋ですが、神社に縁深い神木などの植物、祭器具などを表したもの。そして、伝説や伝承などに基づくものが多いですが、城南宮の神紋は太陽と月と星を組み合わせた「三光の御神紋」と呼ばれるもので、非常に珍しい神紋です。

神社境内に広がる中根金作による神苑楽水苑は、春の山、平安の庭、室町の庭、桃山の庭、城南離宮の庭と見どころが実に多く、草花を賞でる多くの人で四季を通じて賑わっています。特に春と秋の年2回行われる曲水の宴は、王朝の雅を伝える行事として特に有名で、しばしば全国ネットのテレビでも紹介されています。

また梅の名所としても有名で毎年2月から3月にはしだれ梅と椿まつりが開かれ、しだれ梅の美しさは京都で一番と言われています。探梅(たんばい)、観梅(かんばい) 、惜梅(せきばい) と移り行くしだれ梅の景色を楽しめます。椿は12月から3月末にかけて神苑入口から春の山、平安の庭にかけて、中輪白色の初嵐(はつあらし)、ピンク椀咲き大輪の曙(あけぼの)、真紅の藪椿「城南椿」など3300本の椿が次々に咲きます。参道ではしだれ梅をはじめとして椿・サザンカ類・金木犀・沈丁花・柊や、黒松の盆栽が見られ、名物「椿餅」の限定販売も行われます。

城南宮は京都五社めぐりの神社でもあります。京都五社めぐりとは平安京と深い関係にある神社を巡ります。北の玄武「上賀茂神社」、西の桂川に白虎「松尾大社」、中央を守る「平安神宮」、東山にある蒼龍「八坂神社」、そして鴨川と桂川が出合う南にある朱雀「城南宮」です。

主祭神

息長帯日売命(神功皇后)
八千歳神(大国主神)
国常立尊

配祀

天照皇大神
品陀別命
別雷神
大山咋神
天児屋根命宇気毛智神

境内

本殿、拝殿、祈祷殿、前殿、神楽殿、神輿舎

摂社

真幡寸神社、唐渡天満宮、三照宮社、飛鳥田神社

末社

稲荷社、厳島社、住吉社、兵主社、粟島社、天満宮社妙見社、金刀比羅社、大国主社、春日社

主な例祭・神事・行事

歳旦祭(1月1日)
祓神楽(1月1日~3日)
釿始式(1月5日)
湯立神楽(1月20日)
節分祭(2月3日)
紀元祭(2月11日)
城南宮七草粥の日(2月11日)
梅が枝神楽
春祭(祈年祭)(3月20日)方除大祭(4月第2金・土・日曜日の3日間)
曲水の宴(4月29日)
藤の巫女神楽
茅の輪くぐり・人形流し(6月25日~30日)と夏越の祓(6月30日)
愛車の茅の輪くぐり(7月1日~7日)
例祭(7月20日)
お涼み神楽(7月20日)
菊の巫女神楽城南祭(10月第3日曜日)
曲水の宴(11月3日)
火焚祭、火焚神事(11月20日)
秋祭(新嘗祭)(11月24日)
天皇誕生祭(12月23日)
大祓、除夜祭(12月31日)


城南宮
所在地:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
電話: 075-623-0846
 
交通アクセス

バス


京都らくなんエクスプレス(REX)

土休日は京都駅八条口から城南宮前まで直通
城南宮まで徒歩約1分

平日は京都駅八条口から油小路城南宮まで直通

城南宮まで徒歩約4分

電車


京都市営地下鉄・近鉄竹田駅下車

タクシーで約3分
市バス乗り換えで城南宮東口下車徒歩3分
 

 
名神高速
京都南インターからすぐ
 
阪神高速京都線
久我山ジャンクション、上鳥羽ランプからすぐ
 
無料駐車場あり