梅宮大社でお宮参り撮影

全カットのスナップ写真データと写真集付きプラン
日本全国の神社へ出張して撮影しています。
梅宮大社お宮参り写真キキフォトワークスのバナー
神社でお宮参りの出張撮影の写真
大神さまへの感謝と家族の絆
愛する気持ちを残したい
キキフォトワークス
お宮参りの赤ちゃんのイラスト
お宮参りの赤ちゃんのイラスト
お宮参りの赤ちゃんのイラスト

梅宮大社

梅宮大社まで出張してお宮参りを撮影
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

お宮参りの写真について

 
お宮参りに行かれる神社まで出張。
お決まりのポーズだけではありません。
 
パパ、ママとのスリーショット。
家族全員や赤ちゃん一人で撮ったり。
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒。
兄弟と一緒に撮ったり。
 
そんな、堅苦しくない自然な写真。
どんな思いで撮っているのか。
どんな写真を撮っているのか。
その撮影内容を詳しく書いています。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

神社出張のお宮参り写真

 
実際のお客様の写真です。
赤ちゃんの状態にもよりますが
早ければ3、40分くらい。
平均で1時間ほど撮影しています。  
その間、神社境内のいろんなところで。
場所を変えながら撮影します。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 
お宮参り当日の流れについて。
 
ご祈祷と撮影の流れについて。
ご祈祷中の撮影ができる神社。
撮影ができない神社。
それぞれスケジュールが違います。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 

お宮参りの撮影料金

 
撮影料はシンプルなワンプライスです。
追加料金無しでデータと写真集付き。
お渡しのデータ枚数は、
平均150枚〜250枚くらい。
 
撮影枚数に制限はないです。
カットも数も制限はないです。
ポーズ数も決まりや制限はありません。
 
お渡しのデータ枚数も制限はないです。
写真やデータを沢山欲しいと追加料金。
そんな心配はないのでご安心ください。
 
沢山撮って沢山お渡しいたします。
 
 
 
カメラマン紹介
 
結婚式カメラマンのプロフィール紹介
 
神様に失礼が無いように。
他の参拝者の迷惑にならないように。
神道、神様、神社について研修済み。
 
どんな人が来るのか、わかると安心。
カメラマンのプロフィール。
スタッフの紹介。
キキフォトワークスの事。
会社概要、所在地、連絡先。
 

梅宮大社

梅宮大社まで出張してお宮参りを撮影
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
 
日本全国の神社に出張しています。
遠方の場合、泊まりがけで伺います。
 
お宮参りの時に着る着物は初着の写真
 

写真集と全カットのデータがつきます。

 

その写真集は印刷タイプです。
データと一緒に出来上がります。
 
データは全カットがついています。
平均で150枚前後になります。
データはご自身でコピーもできます。
 
追加でアルバム制作も可能です。
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
お宮参り用着物レンタルと小物販売
 
着物はレンタルで用意しています。
お宮参り用の小物は販売のみです。
小物には赤ちゃんのお名前を書きます。
ご希望の場合事前に申し込みください。
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
日程変更やキャンセルも安心です。
産後は何かと不安定で心配もあります。
赤ちゃんの状態や ママの体調。
直前のキャンセルも無料なので安心。 
 
お宮参りの祖父母と赤ちゃんの写真
 
予約受付について。
 
2ヶ月前から予約可能です。
でも、だいたいでアバウトです。
曜日や季節によっては早くの予約も!
まずは、お問い合わせください。
 
お宮参りの着物をきた赤ちゃんの写真
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト
お宮参りの赤ちゃんと祖父母のイラスト

HOME | 梅宮大社お宮参り

空き状況の
問い合わせ
予約はこちら

LINEではお得情報発信中!

 

友だち追加   
お宮参りのLINE@

 
婚礼写真家mywedのバナー
.
結婚式カメラマン、キキフォトワークスのFacebookページ
.
結婚式と前撮り写真のインスタグラム
 
キキフォトワークスのツイッター
 
2015年 2016年 ウエディングフォトアワード
ふるさとウエディング特別賞を受賞
INTERNATIONAL WEDDING PHOTOGRAPHY AWARDS 
22Collection受賞  23Collection受賞 24Collection受賞

梅宮大社について

梅宮大社
うめのみやたいしゃ
umenomiya

梅宮大社は、京都府京都市右京区梅津フケノ川町に鎮座する、四姓(源平藤橘)の1つの橘氏の氏神神社です。延喜式神名帳、式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社。現在は神社本庁に属さない単立神社。旧称は梅宮神社、神紋は橘の神社です。
 
祭神の橘嘉智子は(嵯峨天皇の皇后)子供がいませんでしたが梅宮大社に祈願したことで子を授かり仁明天皇を出産したと伝えられることから、子授け・安産の神として信仰されています。本殿の東側にある「またげ石」を跨げば子供が授かると信仰されています。また、酒造りの守護神、酒解神を祀るため酒にまつわる神事が多い神社です。

梅宮大社の正確な創建については不明ですが、社伝によると、奈良時代に南方の山城国相楽郡井手庄(今の京都府綴喜郡井手町付近)に祀られたのが始まりとされています。その後、奈良の都に遷座しましたが、その後、平安京に遷都し平安時代になってから嵯峨天皇の皇后、橘嘉智子によって現在の地に移されたとなっています。皇后橘嘉智子によって盛大な祭儀が数多く行われるようになり、この時、初めて雅楽が神前に奉納されたことで、4月の梅宮祭は雅楽祭としての名を高めました。

祭神

本殿
酒解神(大山祇神)
大若子神(瓊々杵尊)
小若子神( 彦火火出見尊)
酒解子神(木花咲耶姫命)

相殿
嵯峨天皇・第52代天皇
橘嘉智子・嵯峨天皇皇后
仁明天皇・第54代天皇
橘清友公・橘嘉智子の父

摂社・末社

若宮社、護王社、稲荷社、西梅津神明社

境内本殿は三間社流造で、屋根は檜皮葺。拝殿は桁行三間・梁行三間の入母屋造で、妻入、屋根は銅板葺。随身門は三間一戸の楼門で、入母屋造、屋根は本瓦葺。随身門内の左右には豊磐間戸命・奇磐間戸命が安置されている。本殿、拝殿、随身門は、境内社の若宮社、護王社と合わせて京都府登録文化財に登録されています。

主な例祭・神事・行事

1月1日・歳旦祭
1月15日・古神札焼納祭
2月11日・甘酒祭
3月第1日曜・梅産祭
4月中酉日・献酒報告祭(中酉祭)
4月第3日曜・桜祭(雅楽祭)
5月3日・神幸祭
6月第3日曜・檀林皇后祭
6月30日・夏越大祓祭
8月最終日曜・嵯峨天皇祭
11月上卯日・醸造安全繁栄祈願祭(上卯祭)
11月15日・七五三参り
12月31日・歳越の大祓

境内には東神苑、北神苑、西神苑の庭園があり四季を通じて梅、桜、つつじ、かきつばた、花菖蒲、紫陽花、椿、紅葉と1年を通して人々の心を癒してくれます。


梅宮大社
所在地:京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
電話: 075-861-2730
 
交通アクセス

電車

阪急嵐山線
松尾大社駅から徒歩約10分

バス

京都市営バス3、28、29、67、71、特71号系統
梅宮大社前バス停下車、徒歩3分


境内に駐車場あり