御霊神社挙式

御霊神社結婚式にプラン費用で全て揃う
衣装・着付け・ヘアセット・メイク
データ付きスナップ撮影・写真集
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

神社挙式のお支度プラン

キキフォトワークス
 
お客様の声
三三九度や榊など自分で調べて練習しましたがわからない部分があり、それも丁寧に教えていただいて本番も緊張しながらなんとかいけました。誓いの言葉や立ち振る舞いなど教えてもらわないと気持ちも入らなかったでしょうし集中できなかったと思います。着付けスタッフの方々とも気さくにお話できましたし、私が使っている化粧品を元に化粧をしてくださり、ここまで綺麗になるのか凄いなあと母と感動しておりました。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

先ほど無事に会食も予定通り終え、先程帰宅しました。本日は本当にありがとうございました!私たちにとって、奇跡のような一日でした。キキさんのお陰で、式の次第も良い結果になりました。※特に2礼2拍手!台風のご準備の方もありがとうございました。ブログ、SNSも拝見しました!ブログの方、妻のお母さんが何度も見て式の余韻に浸っているそうですw私たちだけでなく、親族ともども素敵な写真に喜んでおります。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
実際のお客様の結婚式の写真です。
式前後にロケーション撮影します。
お客様の許可をいただいています。
 
神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
神様に失礼が無いように。
結婚式をより感動深いものに。
神道と神社について研修済み。
 
神社で神前結婚式の洋髪髪型の新郎新婦の写真
 
写真についての想いを綴りました。
宝物になる写真を残します。
未来に繋がる写真を残します。
 
神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
遠方の場合は、メールのみでの打ち合わ
せでも大丈夫です。衣装も衣装ページで
見て選んでもらうだけでも大丈夫です。
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
高品質アルバムとお手頃な写真集
データは、いずれ読めなく、消えるもの
物として残すのが最高のバックアップ
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
和装衣装・小物・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・集合写真・ポーズ写真
写真集・データが全て揃ったプラン。
 
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー

神社の結婚式の用意を全てサポート

 キキフォトワークス
 
挙式プランの特徴は、神社や寺院での結婚式などで和装での結婚式に必要なスナップ写真、ポーズ写真、和装衣装、衣装の小物、着付け、ヘアセット、メイクがパックになったプランです。プラン料金で結婚式の準備を全て用意する事ができます。費用もプラン内容も衣装も全てホームページで事前に確認する事ができます。結婚式の前に最終的な全ての金額を把握できます。予期せぬ追加料金、結婚式当日に発生する追加料金も無いので、遠方で直接打ち合わせができない場合でも安心してご利用いただけます。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日、神社での神前結婚式やお寺、寺院での結婚式をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい。そんな思いで皆様をサポートしています。

挙式プランTOP | 御霊神社挙式

写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
価格や商品の仕様は予告無く変更されます。 
価格は全て消費税は別となります。
Copyright  KikiPhotoWorks All Rights Reserved.
 
 
 
 
・・・

御霊神社について知っておくべき事

御霊神社
ごりょうじんじゃ
goryojinja

御霊神社は大阪市中央区淡路町に鎮座する神社です。場所柄、神社の周りはビルが立ち並ぶオフィス街の真ん中にありますが、創建の正確な年代は不明ですが、古来より瀬織津比売神、津布良彦神、津布良媛神を祭り圓神祠(つぶらしんし)と称し、800年代後半に創建とされる由緒、歴史ある神社です。文禄3年、豊臣秀吉が靭にあった源正霊社を圓神祠に合祀し、それ以降、御霊神社と呼ばれるようになりました。

御霊神社の周りには愛日、中之島、土佐堀、江戸堀、京町堀、靱、阿波堀、阿波座、薩摩掘及び立売掘、長堀が取り囲み、浪速の氏神様、旧摂津国津村郷の産土神として崇敬を集めている神社です。古くから厄除け、縁結び、商業、安産の守護神として信仰を集めています。
 
特に縁結びや商売繁盛、諸事円満成就、開運招福、夫婦円満と子孫繁栄などの神様として、商業金融の中心地の鎮守として商家の崇敬が厚く、浪速商人の生活に欠かせない神社となっています。そして船場商人の言葉でもある御寮人(商家の若奥様)と発音が似ているところから、ごりょうさん、ごりょうはん、など、現代でも親しみを込めて呼ばれています。

明治17年、人形浄瑠璃の劇場「文楽座」が境内に開設され「御霊文楽座」として近世文楽でぎわいをみせましたが、大正15年、御霊文楽座から出火し、本殿を含め全て焼失しました。その後、昭和5年に社殿が再建されましたが、昭和20年の大阪大空襲により再び全て消失してしまいました。
 
その災難の中で本殿北にあるクスノキのご神木は焦げた状態から今の姿に再生しました。それ以降、火傷を負った人がお参りをしたら回復したとの言い伝えもあり、火傷を負った状態から今なお成長してるこのクスノキを肌守りの木と呼び、美肌の救世主の隠れたパワースポットとして、幹に手を触れて祈る若い女性の姿がよく見受けられます。

祭神

天照大神荒魂 (瀬織津比売神)
津布良彦神 (旧摂津国津村郷の産土神)
津布良媛神 (旧摂津国津村郷の産土神)
応神天皇 (広幡八幡大神)
源正霊神 (鎌倉権五郎景政公霊)

摂社・末社

皇大神宮、恵比須神社、猿田彦神社、東宮十二社、松ノ木神社、大黒社、楠永神社


御霊神社
所在地:大阪府大阪市中央区淡路町4丁目4−3
電話: 06-6231-5041
 
交通アクセス
 
京阪電車淀屋橋駅3番出口より徒歩7分
地下鉄御堂筋淀屋橋駅13番出口より徒歩5分
地下鉄四ツ橋線肥後橋駅6番出口より徒歩6分
地下鉄御堂筋本町駅2番出口より徒歩8分
地下鉄中央線本町駅18番出口より徒歩10分 

 
駐車場あり