上御霊神社挙式

上御霊神社結婚式にプラン費用で全て揃う
衣装・着付け・ヘアセット・メイク
データ付きスナップ撮影・写真集
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

神社挙式のお支度プラン

キキフォトワークス
 
お客様の声
三三九度や榊など自分で調べて練習しましたがわからない部分があり、それも丁寧に教えていただいて本番も緊張しながらなんとかいけました。誓いの言葉や立ち振る舞いなど教えてもらわないと気持ちも入らなかったでしょうし集中できなかったと思います。着付けスタッフの方々とも気さくにお話できましたし、私が使っている化粧品を元に化粧をしてくださり、ここまで綺麗になるのか凄いなあと母と感動しておりました。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

先ほど無事に会食も予定通り終え、先程帰宅しました。本日は本当にありがとうございました!私たちにとって、奇跡のような一日でした。キキさんのお陰で、式の次第も良い結果になりました。※特に2礼2拍手!台風のご準備の方もありがとうございました。ブログ、SNSも拝見しました!ブログの方、妻のお母さんが何度も見て式の余韻に浸っているそうですw私たちだけでなく、親族ともども素敵な写真に喜んでおります。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
実際のお客様の結婚式の写真です。
式前後にロケーション撮影します。
お客様の許可をいただいています。
 
神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
神様に失礼が無いように。
結婚式をより感動深いものに。
神道と神社について研修済み。
 
神社で神前結婚式の洋髪髪型の新郎新婦の写真
 
写真についての想いを綴りました。
宝物になる写真を残します。
未来に繋がる写真を残します。
 
神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
遠方の場合は、メールのみでの打ち合わ
せでも大丈夫です。衣装も衣装ページで
見て選んでもらうだけでも大丈夫です。
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
高品質アルバムとお手頃な写真集
データは、いずれ読めなく、消えるもの
物として残すのが最高のバックアップ
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
和装衣装・小物・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・集合写真・ポーズ写真
写真集・データが全て揃ったプラン。
 
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー

神社の結婚式の用意を全てサポート

 キキフォトワークス
 
挙式プランの特徴は、神社や寺院での結婚式などで和装での結婚式に必要なスナップ写真、ポーズ写真、和装衣装、衣装の小物、着付け、ヘアセット、メイクがパックになったプランです。プラン料金で結婚式の準備を全て用意する事ができます。費用もプラン内容も衣装も全てホームページで事前に確認する事ができます。結婚式の前に最終的な全ての金額を把握できます。予期せぬ追加料金、結婚式当日に発生する追加料金も無いので、遠方で直接打ち合わせができない場合でも安心してご利用いただけます。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日、神社での神前結婚式やお寺、寺院での結婚式をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい。そんな思いで皆様をサポートしています。

挙式プランTOP | 上御霊神社挙式

写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
価格や商品の仕様は予告無く変更されます。 
価格は全て消費税は別となります。
Copyright  KikiPhotoWorks All Rights Reserved.
 
 
 
 
・・・

上御霊神社について知っておくべき事

 
上御霊神社は、京都市上京区に鎮座する神社です。賀茂川を挟んで反対側の東側には下鴨神社があります。地下鉄烏丸線の鞍馬口駅から徒歩で5分以内。上御霊神社という社名は下御霊神社に対応するもので、今は宗教法人としての正式名が御靈神社となっている神社です。
 
創建の時代は不明となっています。京都の夏祭りの多くは、政争や天変地変、疫病に巻き込まれて悲運の死を遂げた高貴な方々の神霊を丁重に祀ることで、疫病や災いを無くそうとする御霊信仰としての祭りですが、上御霊神社の例祭である御霊祭は、その発症で京都でもっとも古い祭りです。鉾、神輿、御所車(牛車)の行列があります。
 
祭神は八柱もあり、そのため八所御霊大明神と称される事もあります。火雷神と吉備大臣(吉備聖霊)は後年の追加された祭神です。
 
崇道天皇(早良親王。光仁天皇の皇子)
井上大皇后(光仁天皇の皇后)
他戸親王(光仁天皇の皇子)
藤原大夫人(藤原吉子、桓武天皇皇子伊予親王の母)
橘大夫(橘逸勢)
文大夫(文屋宮田麿)
火雷神(以上六柱の荒魂。)
吉備大臣(吉備真備)
 
相殿には小倉実起・小倉公連・中納言典待局・小倉季判、若宮に和光明神(菅原和子)を配祀されており、そしてこれらの神様は政争に巻き込まれて憤死した人々で、その怨霊を慰めるために創建されたのが上御霊神社です。また室町時代に起こった応仁の乱の発祥の場所とされています。
 
境内には本殿八座が鎮座され、 応仁の乱古戦場、楼門、四脚門、絵馬所があり、絵馬所では3基の神輿を見る事ができます。神社境内には11の摂社、末社が鎮座します。
 
神明神社、稲荷神社、厳島神社、花御所八幡宮、大舞神社、天満宮社、多度神社、貴船神社、粟島神社、白髪神社、長宮三十社


上御霊神社
所在地:京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495番地
電話: 075-441-2260
交通アクセス
地下鉄 鞍馬口下車 徒歩約3分
市バス 烏丸鞍馬口 徒歩約3分
市バス 出雲路俵町 徒歩約5分
無料駐車場あり