今宮神社挙式

今宮神社結婚式にプラン費用で全て揃う
衣装・着付け・ヘアセット・メイク
データ付きスナップ撮影・写真集
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

神社挙式のお支度プラン

キキフォトワークス
 
お客様の声
三三九度や榊など自分で調べて練習しましたがわからない部分があり、それも丁寧に教えていただいて本番も緊張しながらなんとかいけました。誓いの言葉や立ち振る舞いなど教えてもらわないと気持ちも入らなかったでしょうし集中できなかったと思います。着付けスタッフの方々とも気さくにお話できましたし、私が使っている化粧品を元に化粧をしてくださり、ここまで綺麗になるのか凄いなあと母と感動しておりました。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

先ほど無事に会食も予定通り終え、先程帰宅しました。本日は本当にありがとうございました!私たちにとって、奇跡のような一日でした。キキさんのお陰で、式の次第も良い結果になりました。※特に2礼2拍手!台風のご準備の方もありがとうございました。ブログ、SNSも拝見しました!ブログの方、妻のお母さんが何度も見て式の余韻に浸っているそうですw私たちだけでなく、親族ともども素敵な写真に喜んでおります。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
実際のお客様の結婚式の写真です。
式前後にロケーション撮影します。
お客様の許可をいただいています。
 
神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
神様に失礼が無いように。
結婚式をより感動深いものに。
神道と神社について研修済み。
 
神社で神前結婚式の洋髪髪型の新郎新婦の写真
 
写真についての想いを綴りました。
宝物になる写真を残します。
未来に繋がる写真を残します。
 
神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
遠方の場合は、メールのみでの打ち合わ
せでも大丈夫です。衣装も衣装ページで
見て選んでもらうだけでも大丈夫です。
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
高品質アルバムとお手頃な写真集
データは、いずれ読めなく、消えるもの
物として残すのが最高のバックアップ
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
和装衣装・小物・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・集合写真・ポーズ写真
写真集・データが全て揃ったプラン。
 
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー

神社の結婚式の用意を全てサポート

 キキフォトワークス
 
挙式プランの特徴は、神社や寺院での結婚式などで和装での結婚式に必要なスナップ写真、ポーズ写真、和装衣装、衣装の小物、着付け、ヘアセット、メイクがパックになったプランです。プラン料金で結婚式の準備を全て用意する事ができます。費用もプラン内容も衣装も全てホームページで事前に確認する事ができます。結婚式の前に最終的な全ての金額を把握できます。予期せぬ追加料金、結婚式当日に発生する追加料金も無いので、遠方で直接打ち合わせができない場合でも安心してご利用いただけます。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日、神社での神前結婚式やお寺、寺院での結婚式をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい。そんな思いで皆様をサポートしています。

挙式プランTOP | 今宮神社挙式

写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
価格や商品の仕様は予告無く変更されます。 
価格は全て消費税は別となります。
Copyright  KikiPhotoWorks All Rights Reserved.
 
 
 
 
・・・

今宮神社について知っておくべき事

 
今宮神社は京都市北区柴野に鎮座する神社で、創建は994年、玉の輿神社としても有名で祭神は3柱です。
 
大己貴命
事代主命
奇稲田姫命
 
大きな祭礼として今宮祭り、やすらい祭があり、京都の神社のお祭りの中では比較的大きな祭礼が4月、5月と続きます。平安建都以前の時代から今の位置に疫神を祀る社があったとされるのが今宮神社の始まりです。
 
平安遷都後は京の都には疫病や災厄が頻繁に起こり、疫病を鎮めるために上御霊神社や下御霊神社などで御霊会ができました。民衆主導で行われていた御霊会ですが、民衆だけでなく朝廷や武家からの崇敬もあつく、朝廷や豊臣秀吉も神輿を寄進しています。一条天皇の御代正暦五年(994年)疫神を二基の神輿に齋いこめて船岡山に安置し、悪疫退散を祈ったのが紫野御霊会の始まりで今宮祭の起源となります。
 
その後、京の民衆が神輿と供に船岡山まで登り、唱い踊り、病魔のよれる人形を難波江に流したのが、やすらい祭の起源とされています。長保三年(1001年)疫神は船岡山から現在の地に奉遷され、新たに建造された神殿三宇ともども今宮社と名づけられたのが今宮神社となります。やすらい祭りは国によって重要無形民俗文化財に指定されています。
 
今宮神社の氏子区域の中心に高級絹織物の西陣織発祥の地として有名な西陣と総称される区域があります。その西陣の八百屋に生まれた「お玉さん」が、徳川3代将軍家光の側室となり、5代将軍綱吉の生母・桂昌院となりました。このことが「玉の輿」ということわざの由来になったとの説があります。桂昌院は今宮社に対する崇敬と西陣に対する愛郷の念が非常に強く、御牛車や鉾を寄進しただけでなく、祭事の整備や氏子区域の拡充、やすらい祭の復興など様々な施策を行いました。そのことが今宮神社を玉の輿神社とも呼ぶようになったとされています。
 
今宮神社では、その「お玉さん」にちなんで開運良縁を願う玉の輿お守が一番人気だそうです。お守りの袋には八百屋の娘だった説にちなんで野菜が西陣織の生地に織られています。境内にはお玉さんの碑も建てられています。
 
今宮神社のすぐ近くには大徳寺があり、神社から大徳寺まで徒歩で2、3分の近さ。そして門前には有名なあぶり餅屋さんが二軒並んでいますが、京都の他の有名観光地に比べて比較的静かで落ち着いた雰囲気があります。
 
今宮神社の結婚式は基本的に1日1件のみ行われています。キキフォトワークスが今宮神社での結婚式に伺う場合、神社指定以外の持ち込み業者として伺います。その場合の注意点や持ち込み費用に関しては事前に今宮神社にご確認ください。


今宮神社
​所在地:京都市北区紫野今宮町21
電話: 075-491-0082
交通アクセス
京都市営バス46系統「今宮神社前」下車すぐ。
1・12・M1・204・205・206・北8系統「船岡山」下車徒歩7分。
駐車場あり