わら天神宮挙式

わら天神宮結婚式にプラン費用で全て揃う
衣装・着付け・ヘアセット・メイク
データ付きスナップ撮影・写真集
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのイラスト

神社挙式のお支度プラン

キキフォトワークス
 
お客様の声
三三九度や榊など自分で調べて練習しましたがわからない部分があり、それも丁寧に教えていただいて本番も緊張しながらなんとかいけました。誓いの言葉や立ち振る舞いなど教えてもらわないと気持ちも入らなかったでしょうし集中できなかったと思います。着付けスタッフの方々とも気さくにお話できましたし、私が使っている化粧品を元に化粧をしてくださり、ここまで綺麗になるのか凄いなあと母と感動しておりました。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

先ほど無事に会食も予定通り終え、先程帰宅しました。本日は本当にありがとうございました!私たちにとって、奇跡のような一日でした。キキさんのお陰で、式の次第も良い結果になりました。※特に2礼2拍手!台風のご準備の方もありがとうございました。ブログ、SNSも拝見しました!ブログの方、妻のお母さんが何度も見て式の余韻に浸っているそうですw私たちだけでなく、親族ともども素敵な写真に喜んでおります。
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真

神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
実際のお客様の結婚式の写真です。
式前後にロケーション撮影します。
お客様の許可をいただいています。
 
神社で神前結婚式の新郎新婦の写真
 
神様に失礼が無いように。
結婚式をより感動深いものに。
神道と神社について研修済み。
 
神社で神前結婚式の洋髪髪型の新郎新婦の写真
 
写真についての想いを綴りました。
宝物になる写真を残します。
未来に繋がる写真を残します。
 
神社で神前結婚式のヘアメイク中の新婦の写真
 
遠方の場合は、メールのみでの打ち合わ
せでも大丈夫です。衣装も衣装ページで
見て選んでもらうだけでも大丈夫です。
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
高品質アルバムとお手頃な写真集
データは、いずれ読めなく、消えるもの
物として残すのが最高のバックアップ
 
神社で神前結婚式やお寺で和婚の新郎新婦の写真
 
和装衣装・小物・着付け・ヘアメイク
スナップ写真・集合写真・ポーズ写真
写真集・データが全て揃ったプラン。
 
神社で神前結婚式のキキフォトワークスのバナー

神社の結婚式の用意を全てサポート

 キキフォトワークス
 
挙式プランの特徴は、神社や寺院での結婚式などで和装での結婚式に必要なスナップ写真、ポーズ写真、和装衣装、衣装の小物、着付け、ヘアセット、メイクがパックになったプランです。プラン料金で結婚式の準備を全て用意する事ができます。費用もプラン内容も衣装も全てホームページで事前に確認する事ができます。結婚式の前に最終的な全ての金額を把握できます。予期せぬ追加料金、結婚式当日に発生する追加料金も無いので、遠方で直接打ち合わせができない場合でも安心してご利用いただけます。

 

神社で神前結婚式の親族集合写真

 
紋付羽織袴姿の新郎さんと婚礼衣装の花嫁姿になった新婦さん。ふたりの人生の出発点。それを見守る両親、家族、親族、友人のみなさん、全ての人の大切な記念日、神社での神前結婚式やお寺、寺院での結婚式をサポート致します。
 
自分の家族の結婚式と同じような気持ちで、心を込めて  のある記憶を残してもらいたい。そんな思いで皆様をサポートしています。

挙式プランTOP | わら天神宮挙式

写真、イラストなどの無断使用しないで下さい。
価格や商品の仕様は予告無く変更されます。 
価格は全て消費税は別となります。
Copyright  KikiPhotoWorks All Rights Reserved.
 
 
 
 
・・・

わら天神宮について知っておくべき事

わら天神宮
わらてんじんぐう
waratenjingu

わら天神宮は京都市北区に鎮座する神社で。旧社格は村社、正式名称は敷地神社(しきちじんじゃ)です。主祭神の木花開耶姫命が一夜で身ごもり、また火を放たれ燃え盛る炎の中にある産屋で次々と三柱の子を無事に産んだという神話から安産の神様とされ、安産祈願、子授け、縁結びの守り神としての信仰をあつめています。

わら天神宮の通称は、妊婦さんに授与する安産祈願のお守りが稲藁である珍しさから広まりました。お守りのわらにふしがあれば男の子、なければ女の子が産まれるという言い伝えがあり、安産祈願の神社として、わら天神の名で京都の人には広く知られています。

元々は、平安建都以前より北山の神として、山背国葛野郡衣笠村 (やましろのくにかどのぐんきぬがさむら)に降臨された天神地祇が祀られていました。天長八年(831年)この地に氷室が設けられました。その夫役として加賀国から移住した者が、その地で崇敬していた菅生石部神社(敷地天神)の神を勧請し、北山の神の隣に祀って菅生石部神の母神の木花開耶姫命を祭神に定めました。

応永四年(1397年)足利三代将軍義満が西園寺北山殿(後の鹿苑寺、金閣寺)を造営するにあたり、参拝に不便になったことから、両者を合祀し、現在地に遷座されました。

摂社の六勝神社は伊勢・石清水・賀茂・松尾・稲荷・春日の六柱神をお祀りした神社で、古くから、必勝、成功、開運及び商売繁盛の守護神として崇敬を集め、開運、学問の神としても知られています。入試シーズンには多くの受験生達の参拝でにぎわいます。また司法試験や公認会計士、税理士等の資格試験にもご利益がるとされ資格習得祈願の参拝者も数多く訪れます。

境内本殿西側には末社として樹齢千数百年に及ぶ神木、綾杉の霊を祀る綾杉明神があります。応仁の乱の兵火を免れましたが、明治29年8月の台風で倒壊致しました。神木として崇拝する者多く、残った幹に素屋根をかけて綾杉明神として敬い祀られています。

毎月9日と戌の日には境内では、わら天神宮の名物の笹屋守栄特製「うぶ餅」の出店があります。安産祈祷のあま酒を配してやわらかいお餅にきな粉がたっぷりつけられており、安産祈願のみならずお土産としても人気です。

その他の末社

八幡神社、大山祇神社

主祭神

木花開耶姫命(コノハナノサクヤビメ)

祭神

天日鷲神(あめのひわしのかみ)
栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)


わら天神宮
所在地:京都府京都市北区衣笠天神森町10
電話: 075-461-7676
 
交通アクセス
 
バス
JR京都駅より市バス50号、急行101号、205号
地下鉄北大路駅より市バス、204号、205号
京阪三条駅より市バス15号
阪急西院駅より市バス205号
いずれも"わら天神"下車すぐ



境内横二箇所に参拝者専用駐車場あり