Children's Special Photos

神社に確認しておく事は?

神社での七五三の写真

七五三に行く神社について

 
神社での撮影の前に
まずは下記を一読ください。
 
七五三を案内するキャラクター

神社とは

 
まず、神社は神様を祀る神聖な場所です。
また宗教法人が管理する私有地となります。
誰でも自由に使える公共の場所ではありません。
また、写真撮影するロケ地でもありません。
 
ですので、失礼がないように気をつけましょう。
 

ご祈祷中の撮影

 
そのため、多くの神社ではご祈祷中の撮影は禁止となっています。
 
その場合、ご祈祷前、もしくはご祈祷後に約1時間ほど写真撮影を行います。
 

神社指定業者

 
また、神社指定以外のカメラマンの撮影が禁止の場合もあります。
 
過去には撮影可能だったのが禁止に変わってる神社が増えています。
 
その理由は、神社でのマナー違反を行う人が増えた事が大きな原因です。
 

アマチュアカメラマンの派遣

 
カメラマンには、技術はもちろん、経験、知識、会話力、柔軟な対応力などが必要ですが、国家資格やテストが必要ないため、誰でもカメラマンとして働くことができます。
 
ここ数年、SNSで集客したり格安のカメラマン紹介サイトに登録するアマチュアが増えています。
 
ママカメラマンと呼ばれる人達や写真愛好家がプロと称してカメラマン紹介サイトから派遣されるケースです。
 

神社でのマナー違反


神社でのマナー指導を受けた事がないカメラマンが各地の神社でトラブルを起こしています。
 
神様に対して失礼な行いをしたり、他の参拝者の迷惑になるような非常識な撮影をする事が原因です。

また、境内で写真撮影だけを行って、ご祈祷も参拝もせず、社務所への挨拶も行わない行為も問題視されています。

 

撮影禁止

そのため、当事者以外の第三者による境内での写真撮影を禁止する神社が増えています。
 
そこでまずは、神社指定以外のカメラマンによる撮影が可能かどうか。
ご祈祷中の撮影が可能かどうか。
最新の事情を神社へご確認していただきたいと思います。

 

2022年の時点で大阪の住吉大社、生國魂神社、京都の八坂神社、平安神宮、上賀茂神社が撮影禁止です。他の神社でご検討下さい。
 
大阪の『大阪天満宮』は、池田一喜が神社指定のカメラマンとなっております。
また、京都の『城南宮』は、キキフォトワークスが神社指定の会社となっておりますので、確認していただく必要はございません。

LINEで問い合わせ
 
神社へ出張して着物で撮る七五三の写真