大神神社結婚式のブログ・13

思い出に残る大神神社での神前結婚式

大神神社で白無垢の結婚式写真

HOME | 結婚式ブログ | 大神神社13

 

ブログ:思い出に残る大神神社での結婚式

 
ブログへの掲載許可をいただいて、実際に結婚式を挙げられたお客様の結婚式当日の様子を紹介します。
 

こんにちは。キキフォトワークス、代表カメラマンの池田一喜です。ここではは大神神社で白無垢での結婚式の1日の様子を紹介します。

白無垢で結婚式

 

今日は大神神社での結婚式の後、近くのフレンチレストラン、オーベルジュ・ド・プレザンス 桜井での披露宴が行われます。
 
そのため、大神神社での結婚式では白無垢で儀式を行い、神社境内での記念写真も白無垢のみで行いました。緑の大神神社に白無垢が似合います。
 
 

大神神社で白無垢の結婚式写真

 

式前に神社で撮影

 
今回も大神神社での結婚式が終われば親族集合写真を撮ったらすぐにレストランへ移動しないといけません。
 
そのためヘアメイクや着付けのお支度の時間をはやめて、結婚式の前に白無垢でのスナップ写真やポーズ写真の撮影を全てすませるようなスケジュールを組みました。
  

大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真

 

結婚式は洋髪

 
今日の新婦さんの髪型は洋髪のヘアスタイルです。結婚式が終わればドレスに着替えての披露宴があるため、できるだけ時間を短くするためにもカツラではなく洋髪となりました。
 
洋髪のヘアセットの場合、平均で1時間くらいかかるため、先にセットしておけばドレスへのチェンジも早いです。
 

大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真

 

結婚式の参進

 
結婚式の30分前になると控室で神職の方からの結婚式の進行についての説明があります。それが終わると、いよいよ儀式がはじまります。
 
まずは新郎さん、新婦さんが手水をすませます。その後、親族の方が順に手水をすませ、全員が終わったら儀式殿へ向けて参進です。
 

大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真

 

結婚式は儀式殿

 
大神神社の結婚式は儀式殿で行われます。大神神社には本殿がありません。大神神社のご神体は境内奥にそびえる三輪山です。
 
神社境内にある社殿は全て祈祷殿や儀式殿、拝殿などです。全てご神体である三輪山に向かって儀式をする配置となっており、結婚式は儀式殿で行われます。
 

大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真

 

結婚式での盃

 
結婚式の最初の15分ほどは神社の儀式が進みます。それが終わると結婚式の儀式が始まります。最初に行われるのは三献の義です。
 
神社によっては夫婦固めの盃といったり、昔ながらの三三九度と言う場合があります。全て同じこと大中小の3つの盃で絆を深めます。
 

大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真
大神神社で白無垢の結婚式写真

 

御神体の三輪山

 
結婚式後の集合写真は儀式殿から出た正面、祈祷殿前の大きな広場で撮影します。その祈祷殿の後ろに見えるのが三輪山です。
 
その三輪山を背景に集合写真を撮るのですが、見方によっては神様と一緒に記念写真を撮っているようですね。皆さんも意外と緊張気味です。
 

大神神社での結婚式写真

 

データ付き

 
基本の料金プランで全カットのデータが付いています。撮影枚数もポーズ数もお渡しするデータ枚数にも枚数制限などはありません。
 
データは高額で別料金なんて事はないので後の支払いを心配すること無く、沢山のカットを撮影する事ができます。

〜和装結婚式プラン・体験談〜

 

大神神社について

 
三輪の大神さまのご神前で夫婦の契りを結ぶ「神前結婚式」は、厳粛な雰囲気漂う儀式殿において執り行われ、素晴らしいものです。
 
雅な音色に合わせて2人の巫女による神楽「浦安の舞」が奉奏し、お2人の新しい門出をお祝いされる大神神社の神前結婚式は、新郎様新婦様はもちろん、参列される方にとっても思い出に残る結婚式となります。
 
初穂料は2022年現在、150,000円です。
 
詳しくは大神神社でのホームページの『参拝・ご祈祷』でご確認ください。
 
大神神社ホームページ
大神神社結婚式当日ブログ一覧
 

大神神社アクセス

JR桜井線(万葉まほろば線)三輪駅より徒歩5分
JR桜井線・近鉄大阪線 桜井駅 北口2番乗り場よりシャトルバスで約20分
 
〒633-8538

奈良県桜井市三輪1422

電話: 0744-42-6633
神体: 三輪山
創建: 不詳(有史以前)
主祭神: 大物主大神
 

神前式について

 
神前式や仏前式は、先祖への感謝も込められた 日本ならではの結婚式です。

 
キキフォトワークスでは、和装での姿勢や目線についてはもちろん神前式の意味や作法をお伝えしています。大切な結婚式、後悔がないように様々なことをお手伝いいたします。
 
多くの神社では神前式のリハーサルはありません。神前式の意味を知ることで一番大切なお二人の気持ちや心掛けまで変わるのですが、プロデュース会社もプランナーさんも式の意味を詳しく知る人はほとんどいません。
 
それでも結婚式はできますが、儀式の意味を知っているのと知らないのとでは、後に残るものが大きく変わります。後に残る写真から伝わる雰囲気も全然違います。そして、それは写真だけでなく式中の雰囲気、空気感までも違って来ます。
 
キキフォトワークスでは、神前式を挙げる意義がより深くなる様に、打ち合わせにおいては、1時間ほどの時間をかけて、事前に知っておいてもらいたい以下のことを詳しく説明させていただいおります。