大神神社結婚式のブログ・15

雨の日の大神神社での結婚式

大神神社の結婚式

HOME | 結婚式ブログ | 大神神社15

 

ブログ:雨の日の大神神社での結婚式

 
ブログへの掲載許可をいただいて、実際に結婚式を挙げられたお客様の結婚式当日の様子を紹介します。
 

大神神社での神前結婚式、今日は七夕さんです。絶対に忘れない日、ということで今日の日に結婚式を決められました。天気は梅雨末期の大雨の予報ですが、二人も親族のみなさんの顔は晴れやかです。
 
今日の新婦さんが選んだ衣装は白無垢と色打掛です。大神神社での結婚式では式服の白無垢を着られます。なので、まずは色打掛でのスナップ撮影から開始しました。
 
大神神社に着いた時は雨が降ってたのですが撮影が始まることには雨が止みました。雨に濡れた新緑がとても綺麗な大神神社です。

大神神社結婚式の写真

神社で行う結婚式、神前式の写真はネット上でも少ないです。そのため少しでも結婚式の参考にと思い、掲載許可のでたお客様の写真を載せています。
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式
大神神社の結婚式

 

大神神社について

 
三輪の大神さまのご神前で夫婦の契りを結ぶ「神前結婚式」は、厳粛な雰囲気漂う儀式殿において執り行われ、素晴らしいものです。
 
雅な音色に合わせて2人の巫女による神楽「浦安の舞」が奉奏し、お2人の新しい門出をお祝いされる大神神社の神前結婚式は、新郎様新婦様はもちろん、参列される方にとっても思い出に残る結婚式となります。
 
初穂料は2022年現在、150,000円です。
 
詳しくは大神神社でのホームページの『参拝・ご祈祷』でご確認ください。
 
大神神社ホームページ
大神神社結婚式当日ブログ一覧
 

大神神社アクセス

JR桜井線(万葉まほろば線)三輪駅より徒歩5分
JR桜井線・近鉄大阪線 桜井駅 北口2番乗り場よりシャトルバスで約20分
 
〒633-8538

奈良県桜井市三輪1422

電話: 0744-42-6633
神体: 三輪山
創建: 不詳(有史以前)
主祭神: 大物主大神
 

神前式について

 

結婚式で大切なものは何だと思いますか?
 
家族に喜んでもらえること?
綺麗な和装衣装?
 
もちろんそれは大事です。でも、神前式では神様に失礼がない様に式を行うことが一番大事であるという事、忘れていませんか?
 
キキフォトワークスでは、和装での姿勢や目線についてはもちろん神前式の意味や作法をお伝えしています。大切な結婚式、後悔がないように様々なことをお手伝いいたします。
 
多くの神社では神前式のリハーサルはありません。神前式の意味を知ることで一番大切なお二人の気持ちや心掛けまで変わるのですが、プロデュース会社もプランナーさんも式の意味を詳しく知る人はほとんどいません。
 
それでも結婚式はできますが、儀式の意味を知っているのと知らないのとでは、後に残るものが大きく変わります。後に残る写真から伝わる雰囲気も全然違います。そして、それは写真だけでなく式中の雰囲気、空気感までも違って来ます。
 
キキフォトワークスでは、神前式を挙げる意義がより深くなる様に、打ち合わせにおいては、1時間ほどの時間をかけて、事前に知っておいてもらいたい以下のことを詳しく説明させていただいおります。