枚岡神社の神前結婚式ブログ|大阪で和装着物ウェディング

枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真

HOME | 結婚式ブログ | 枚岡神社2

 

十二単での枚岡神社の神前結婚式の1日

こんにちは。キキフォトワークスです。
今日は、ブログへの掲載許可をいただいて、実際に熊野那智大社で神前結婚式を挙げられたお客様の1日をご紹介いたします。

 

結婚式は十二単

 
今日の二人の衣装は、神前結婚式でよくある紋付羽織袴、白無垢ではありません。そちらの衣装は武家の衣装となります。
 
今回は武家の衣装ではなく公家の衣装、束帯と十二単での結婚式です。私も結婚式の撮影が長いのですが、束帯と十二単での結婚式の撮影は今回で2回目となります。

 
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
 
今回の十二単の衣装ですが、本当に12枚重ねて来られました。結婚式で十二単を切られる場合、襟元だけ12枚があって、中はそんなにたくさんの衣装を着込んでないのが普通です。
 
しかし、今回は12枚を1枚ずつ重ねてきていきます。そして1枚1枚それぞれ意味があります。今回の着付けは、 一生を重ねていくときにそれぞれの意味を解説しながらの 親族の皆様への公開着付けをされていました。
 
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
 
 

結婚式の意味

 

神社での結婚式となると一般の人にとっては馴染みがない儀式です。でも、その1つ1つには深い意味があります。神社さんからは詳しい説明はないのですが説明がなくても言われる通りにしてれば結婚式は挙げられます。
 
でも意味もわからず言われた通りにしただけの時と、意味を知った上で行った時とでは全然違ってきます。

  
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社で十二単の結婚式の花嫁
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
 
 

家族だけの食事会

 

結婚式を無事に終えたら披露宴です。でも、さすがに十二単での披露宴は難しいです。なので新婦さんはもうすこし軽装な衣装に着替えられました。最初の衣装は何というのか・・・聞き逃しました。
 
この姿で鏡開きまで行い、その後は赤の色打掛での披露宴となり、今日のおめでたい日も無事にお開きとなりました。
 

枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真
枚岡神社の神前結婚式の写真

枚岡神社の格式のある儀式

 
大阪府にある枚岡神社は、日本の歴史や伝統の中で重要な場所として知られています。この神社で行われる結婚式は、日本文化の美しさと格式の高さが融合した素晴らしいものです。
 
古くから続く神前式や和装、神職の祈りによって祝福される結婚式は、新郎新婦とそのゲストにとって一生に一度の貴重な思い出となることでしょう。
 
格式のある儀式は、現代の日本でも根強い人気があります。新しい夫婦と家族の始まりを祝福するための伝統を継承することが、人々を結びつける力を持ちます。
 

神前結婚式の写真について

 
神前結婚式では、自分たちらしい花嫁姿や新郎姿、思い出深い場所での写真を求められる方がとても多いです。
 
神社の雰囲気を生かした撮影や、新郎新婦の個性が際立つシチュエーションでの撮影は、挙式当日の余韻を味わう上で欠かせません。
 
すべてのカップルにとって、最高の一日を作り上げるためにウェディングフォトは欠かせないものです。日本の神前結婚式の写真は、美しいシーンと伝統文化がつながった、時間を超えた価値のある描写をすることができる魅力的なものです。
 
大切な神前結婚式の写真は、是非キキフォトワークスにお任せください。
 

枚岡神社での結婚式について

 
とても神秘的で厳かな雰囲気に包まれた枚岡神社で結婚式を挙げ、ウェディングフォトを残しませんか?自然が残る美しい枚岡神社での挙式やフォト撮影は、一生の思い出に残る素敵な時間となります。
 

枚岡神社での結婚式の初穂料は100,000円です。

別途、お仕度・控え室初穂料として15,000円、更に会食も当社でされる場合は会食場初穂料として10,000円のお納めとなります。

主祭神: 天児屋根命; 比売御神; 経津主命; 武甕槌命
創建: 神武天皇即位前3年