厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

HOME | 結婚式ブログ | 厳島神社

 

一度は訪れたい厳島神社の神前結婚式

 
ブログへの掲載許可をいただいて、実際に結婚式を挙げられたお客様の結婚式当日の様子を紹介します。
 

厳島神社結婚式の流れ

 
厳島神社は広島県の宮島に鎮座する、全国に約500社あるとされる厳島神社の総本社です。平清盛によって大規模に整えられて海の上に社殿が立ちならぶ今の姿になりました。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 

結婚式は1日に2組のみ

 
厳島神社での結婚式は午前1組、午後1組の1日に2組しか行われません。また時間も10時、12時30分、14時30分、15時のいずれかと決まっています。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 

結婚式の準備

 
厳島神社では境内で着付けやヘアメイクなどのお支度をすることができません。そのため、たとえば宿泊する施設などでお支度を整えてから神社に向かいます。
 
なお、お支度は宮島の島内で行うのがベストです。対岸の宮島口で行うと、海が荒れた時は船が欠航になるので宮島へ渡ることができなくなるためです。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 

厳島神社の控室

 
厳島神社についたら控室で待機します。控室に入るのは余裕をもって挙式時間の30分前までには入った方がいいです。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 

結婚式の進行

 
式の時間が近くなると、神主さんが結婚式の簡単な説明をしてくださいます。玉串奉奠や指輪交換、誓いの言葉などの動作、所作を教えてくださいます。そして時間になると神社さんの案内にしたがって本殿へ移動して結婚式となります。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 

記念写真

 
結婚式も無事に挙げたら本殿から退室します。その後は特に規定はありません。神社境内を移動しながら写真撮影の時間となります。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 

鳥居を背景に

 
やはり厳島神社といえば海に建つ大鳥居ですよね。ここは修学旅行の学生さんや一般の参拝者、観光客にも定番の撮影スポットなので、順番待ちになることもあります。
 

厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

 
厳島神社で結婚式の新郎と花嫁さん

神社結婚式の写真

神社で行う結婚式、神前式の写真はネット上でも少ないです。 そのため少しでも結婚式の参考にと思い、掲載許可のでたお客様の写真を載せています。

〜和装結婚式プラン・体験談〜

神前式について

 
神前式や仏前式は、先祖への感謝も込められた 日本ならではの結婚式です。

 
キキフォトワークスでは、和装での姿勢や目線についてはもちろん神前式の意味や作法をお伝えしています。大切な結婚式、後悔がないように様々なことをお手伝いいたします。
 
多くの神社では神前式のリハーサルはありません。神前式の意味を知ることで一番大切なお二人の気持ちや心掛けまで変わるのですが、プロデュース会社もプランナーさんも式の意味を詳しく知る人はほとんどいません。
 
それでも結婚式はできますが、儀式の意味を知っているのと知らないのとでは、後に残るものが大きく変わります。後に残る写真から伝わる雰囲気も全然違います。そして、それは写真だけでなく式中の雰囲気、空気感までも違って来ます。
 
キキフォトワークスでは、神前式を挙げる意義がより深くなる様に、打ち合わせにおいては、1時間ほどの時間をかけて、事前に知っておいてもらいたい以下のことを詳しく説明させていただいおります。